なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「凱旋門」 Arch of Triumph (1948)

f0367483_22542408.jpg
監督:ルイス・マイルストン
製作:デヴィッド・ルイス
脚本:ルイス・マイルストン
   ハリー・ブラウン
原作:エリッヒ・マリア・レマルク
撮影:ラッセル・メティ
音楽:ルイス・グルーエンバーグ
出演:イングリッド・バーグマン
   シャルル・ボワイエ
   チャールズ・ロートン
   ルイス・カルハーン
   ルース・ウォーリック
   マイケル・ロマノフ
アメリカ映画/133分/モノクロ





<あらすじ>
時は1938年。戦争の足音が近づく欧州諸国からの不法亡命者が集まるフランスのパリ。ナチスを逃れてきたドイツ人医師ラヴィック(シャルル・ボワイエ)は、当局の目をかいくぐりながら闇医者として生計を立てつつ、レジスタンスの同胞たちを助けていた。
そんなある晩、カフェのテーブルに腰掛けていたラヴィックは偶然、かつて収容所で自分に激しい拷問を加え、妻を死に至らしめたナチ親衛隊将校ハーケ(チャールズ・ロートン)の姿を見かける。湧き上がる復讐心に、思わずハーケの後を尾行するラヴィック。しかし、途中で見失ってしまった。
その帰り道、彼はポンヌフの橋から身投げしようとしているイタリア人女性ジョーン(イングリッド・バーグマン)と出会う。ホテルでフィアンセが病死し、絶望して自らの命を絶とうとしたという彼女を救ったラヴィック。2人はやがて恋に落ちる。
友人モロゾフ(ルイス・カルハーン)の紹介でナイトクラブの歌手となったジョーンと逢瀬を重ねるようになったラヴィックだが、不運にも不法入国がバレてしまい、国外退去を命じられてしまう。一人残されたジョーンは悲嘆に暮れるのだった。
それから3ヶ月後。再びパリへ戻ったラヴィックだったが、ジョーンは裕福な男性アレックス(スティーブン・べカッシー)の恋人となっていた。嫉妬深いアレックスとの関係をなかなか断ち切れないジョーン、ハーケの行方を探して復讐を果たそうと燃えるラヴィック。お互いに愛し合いながらも結ばれることのできない2人に、皮肉で残酷な運命がのしかかる…。

イングリッド・バーグマンにシャルル・ボワイエという名作「ガス燈」('41)のコンビが再び顔を合わせ、「西部戦線異状なし」('30)の巨匠ルイス・マイルストンが監督を務めたベストセラー小説の映画化。しかも、第二次世界大戦前夜のパリを舞台にしたバーグマンとレジスタンス男性の宿命的な恋とくれば、クラシック映画ファンなら誰もが「カサブランカ」('42)のイルザとラズロを連想するに違いない。

とまあ、面白くならないわけがない要素が満載なのだが、しかし学生時代に本作を見たことがあるはずの筆者は、肝心の中身を長いことまるで思い出すことができなかった。ん~、なんで?と思っていたのだが、今回数十年ぶりに見直してみてようやく分かった。単純に面白くないのである(笑)。

政情不安に揺れる激動のヨーロッパ、時代の波に翻弄される恋人たち、正義を求めて孤独な戦いを続ける男。スリルとサスペンス、ロマンスの要素がこれだけ揃っておきながら、そのどれもが全くの消化不良に終わっているのだ。

ジョーンとラヴィックのすれ違う愛情のもどかしさ、レジスタンスの仲間と共にハーケの行方を追うラヴィックの復讐劇のスリル。この双方が相乗効果を発揮してドラマを盛り上げていくべきところなのだが、そのどちらもがダラダラと煮え切らないために、本来混ざり合うべき2つの要素が最後まで平行線をたどったまま終わってしまう。

だいたい、尺も長すぎる。マイルストンの冗長な演出とも相まって、みるみるうちに興味が削がれてしまうのだ。そして、あまりにも唐突すぎるエンディング。この呆気なさもまた悪い意味で驚きだ。

ある種のファム・ファタール的なヒロインを演じるバーグマンもミスキャストのように思える。ナイトクラブシーンでの歌声の吹き替えも彼女のイメージにまるで合っていない。エヴァ・ガードナーのような女優の方がしっくりくるのではないだろうか。

なお、日本ではいまだDVDでもブルーレイでもリリースされていない本作。かつてリパブリックから出ていた米国盤DVDは2時間の短縮バージョンだったが、現在オリーヴ・フィルムズがパラマウントのライセンス許諾で出しているブルーレイは133分の完全版。残念ながら画像修復などはされていないため、フィルムの経年劣化がそのまま見て取れる。特に冒頭とクライマックスはノイズが雨降り状態。モノクロのコントラストがハッキリしていること、解像度が高いおかげで被写体の動きが滑らかなことくらいが救いだ。

評価(5点満点):★★☆☆☆

参考ブルーレイ情報(アメリカ盤)
モノクロ/スタンダードサイズ(1.37:1)/1080p/音声:1.0ch DTS-HD Master Audio/言語:英語/字幕:なし/地域コード:ALL/時間:133分/発売元:Olive Films/Paramount Pictures (2014年)
特典:なし

by nakachan1045 | 2016-07-11 06:00 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「ニンジャⅡ:修羅ノ章」 R..
at 2017-06-19 19:12
「アムステルダム・キル」 T..
at 2017-06-18 23:19
「Mansion of th..
at 2017-06-15 19:34
「燃えよNINJA」 Ent..
at 2017-06-12 04:46
L'orribile seg..
at 2017-06-11 03:14

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター