なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「アラベスク」 Arabesque (1966)

f0367483_00240156.jpg
監督:スタンリー・ドーネン
製作:スタンリー・ドーネン
脚本:ジュリアン・ミッチェル
   スタンリー・ブライス
   ピエール・マートン
原作:ゴードン・カトラー
撮影:クリストファー・チャリス
衣装:クリスチャン・ディオール
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:グレゴリー・ペック
   ソフィア・ローレン
   アラン・バデル
   キエロン・ムーア
   カール・ドゥーリング
   ジョン・メリヴェール
   ダンカン・ラモン
   ジョージ・クールーリス
アメリカ映画/105分/カラー作品





オックスフォード大学の言語学教授ラギーブ(ジョン・クールーリス)が何者かによって殺害され、その後任としてアメリカ人のポロック教授(グレゴリー・ペック)が就任する。そんな彼に中東某国の首相イェナ(カール・ドゥーリング)が接触し、黒い噂の絶えない大富豪ベシュラーヴィ(アラン・バデル)が君に古代象形文字の解読を依頼するだろう、是非ともそれを引き受けて逐一報告して欲しいと諜報活動を頼む。
すると、その言葉通りベシュラーヴィから古代文字解読の仕事を依頼されたポロック教授は、解読が終わるまで屋敷を出てはならないと監禁されてしまう。そこへ現れたのはベシュラーヴィの愛人である謎の美女ヤスミン(ソフィア・ローレン)。ラギーブ教授を殺したのがべシュラーヴィの一味だと明かした彼女は、解読を終えたらポロックも抹殺されると警告。ヤスミンの機転でなんとか屋敷を脱出したポロック教授だが、やがて中東政治に絡んだ陰謀計画へと巻き込まれていく…。

巨匠スタンリー・ドーネン監督が、オードリー・ヘプバーン&ケイリー・グラント主演の名作「シャレード」('63)に続いて手がけた姉妹篇的なスパイ映画。もともとはグラントの再登板が予定されていたらしいが、直前になって映画界引退を表明してしまったため、後輩のグレゴリー・ペックが主演することになった。さらに、ヒロイン役はスリムで華奢な永遠の清純派オードリーから、グラマラスな濃厚イタリア美女ソフィア・ローレンへとバトン・タッチ。「シャレード」のお洒落&スタイリッシュ路線を継承しつつも、より荒唐無稽かつカラフルなアクション・コメディとして仕上げている。

ストーリーの基本は「シャレード」と同じく、ヒッチコック風の巻き込まれ型サスペンス。ただし、今回は男女の立ち位置が入れ替わっている。巻き込まれるのはグレゴリー・ペック演じるポロック教授の方。名前や身分をコロコロと変えたり、ポロックを助けたかと思えばあっさりと裏切るヤスミンが、果たして敵なのか味方なのか…?という点がストーリー展開の鍵となっていく。

全体的な印象としては、ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」や当時ブームだった007シリーズからの影響が濃厚。極めてポップかつサイケなビジュアルはいかにも'60年代後半っぽいし、派手なスタント・アクションの見せ場も盛り沢山だ。クリスチャン・ディオールがデザインしたスウィンギーでモダンな衣装を、まるで着せ替え人形のように次々と身にまとうソフィア・ローレンも最高にゴージャス。これだけ彼女が洗練されて見える映画も珍しいかも知れない。

それにも関わらず、いまひとつ話に乗り切れないのは、必要以上に入り組んだ複雑なプロットのせいだろう。大富豪ベシュラーヴィのほかにも、ヤスミンと組んでいるらしき謎の男カシム(キエロン・ムーア)やら偽警部やらと怪しい人物が入れ代わり立ち代わり現れるのはいいのだが、どうにも全体像が掴みづらく混乱してしまう。コメディ色が強すぎるのも微妙なところだ。結局、これといってサスペンスが盛り上がらないまま、尻つぼみのように終わってしまう。さすがに「シャレード」の完成度には及ばない。

ちなみに、日本では過去にVHSでリリースされたっきりの本作。アメリカでもDVDは繰り返し出ているがブルーレイは未発売。筆者が入手したイタリア盤が、今のところ世界で唯一のブルーレイだ。本編は恐らく米盤DVD用に制作されたフルHDマスター。きっちりとレストア処理されており、テクニカラーの発色などは見事だ。惜しむらくは、音声仕様がドルビー・デジタルということ。しかも、5.1chサラウンドはイタリア語吹替のみで、オリジナル英語音声は2.0chでの収録だ。

評価(5点満点):★★★☆☆

参考ブルーレイ情報(イタリア盤)
カラー/ワイドスクリーン(2.35:1)/1080p/音声:5.1ch Dolby Digital (Italian)、2.0ch Dolby Digital (Italian)、2.0ch Dolby Digital (English)/言語:英語・イタリア語/字幕:イタリア語/地域コード:B/時間:105分/発売元:Cult Media/Universal Pictures(2015)
特典:スチル・ギャラリー


by nakachan1045 | 2016-08-06 13:50 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「ニンジャⅡ:修羅ノ章」 R..
at 2017-06-19 19:12
「アムステルダム・キル」 T..
at 2017-06-18 23:19
「Mansion of th..
at 2017-06-15 19:34
「燃えよNINJA」 Ent..
at 2017-06-12 04:46
L'orribile seg..
at 2017-06-11 03:14

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター