なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」 The Postman Always Rings Twice (1946)

f0367483_17494822.jpg
監督:テイ・ガーネット
製作:ケイリー・ウィルソン
原作:ジェームズ・M・ケイン
脚本:ハリー・ラスキン
   ニーヴェン・ブッシュ
撮影:シドニー・ワグナー
音楽:ジョージ・バスマン
出演:ラナ・ターナー
   ジョン・ガーフィールド
   セシル・ケラウェイ
   ヒューム・クローニン
   レオン・エイムス
   オードリー・トッター
   アラン・リード
アメリカ映画/113分/モノクロ映画





<あらすじ>
町外れの小さなダイナーに立ち寄った流れ者の青年フランク(ジョン・ガーフィールド)は、お人好しで親切な店主ニック(セシル・ケラウェイ)に誘われるがまま、生活費を稼ぐために住み込みで働くことになる。
ニックには年の離れた若い妻コーラ(ラナ・ターナー)がいた。まさしく掃き溜めに鶴。妖艶で美しいコーラにフランクは一目惚れする。そんな彼をあからさまに煙たがるコーラも、実はまんざらではなかった。
しかし、彼女のような美人がなぜこんな場末のダイナーでくすぶっているのか。夫ニックへの愛情など微塵もない。彼女の目的はただ一つ、この店を自分のものにすること。それは、この辺鄙な田舎で貧乏から脱するための数少ない選択肢だったのだ。
やがてフランクを意のままに操るようになったコーラは、彼に夫ニックの殺害計画を持ちかける。善人のニックを殺すことは忍びなかったが、しかしコーラの誘惑には抗えないフランク。一度は失敗するものの、やがて事故に見せかけて殺害することに成功する。
だが、ニックの死因に疑問を抱く人物が現れる。地元の検察官サケット(レオン・エイムス)だ。コーラとフランクを仲違いさせて自白を引き出そうとするサケット。お互いに相手の裏切りを恐れるコーラとフランク。弁護士キーツ(ヒューム・クローニン)の機転で一度は実刑を免れた2人だったが…。

終戦直後の焼け野原だった当時の日本では劇場公開されなかったものの、これはハリウッド産フィルム・ノワールの代表作の一つに数えられている名作。小さなダイナーで働き始めた流れ者が、店主の年の離れた若い美人妻に誘惑され、彼女の夫を事故に見せかけて殺して保険金と店を奪おうとする。もちろん、そうは問屋が卸さない。

原作は同じくフィルムノワールの傑作「深夜の告白」で知られる作家ジェームズ・M・ケインの中編小説。実はこれが3度目の映画化となる。ただし、ハリウッドでの映画化は初めて。最初はフランス、その次はイタリアでの映画化だった。もともと'36年の原作出版の同時期に映画会社RKOが権利取得に動いたものの、当時の倫理基準では映画化不可能ということで断念せざるを得なかった。なにしろ、'34年にカトリック教会を後ろ盾とする自主規制が施行されて以降、ハリウッド映画では表現の自由が著しく規制されるようになった。クリスチャン的価値観に反するような表現は御法度。特に本作の場合、不倫と殺人を扱っているため、倫理審査で引っかかる可能性が高かったのだ。その後も、コロムビアとワーナーが映画化に関心を示すも、同様の理由で見送ることに。最終的にMGMが映画化権を獲得するものの、それでもなかなかゴーサインを出せず、同じケイン原作でストーリーも似ている「深夜の告白」が大ヒットしたことから、ようやく映画化に漕ぎつけたというわけだ。

そうした経緯があったことからも理解できると思うが、本作は小説版で描かれたコーラとフランクのドロドロとしたインモラルな不倫関係よりも、殺人計画を軸としたサスペンスに重点を置くことによって、リスキーな性描写はそこはかとなく匂わせる程度に抑えられている。そこは賛否の分かれるところだろう。結果として、コーラとフランクの共犯関係や愛憎関係にいまひとつ心理的な説得力が欠けてしまっている。2人の仲を全く疑わないニックのお人好しぶりも不自然だ。その辺は、やはり厳しい自主検閲が幅を利かせていた時代の弊害が生んだ弱点かもしれない。

その一方で、人妻コーラ役を演じるラナ・ターナーのファム・ファタールぶりは問答無用に際立つ。彼女の存在感が本作の屋台骨を支えていると言っても差し支えないだろう。その美貌とむせ返るようなセックスアピールで男を骨抜きにする悪い女。MGM映画の青春アイドルスターだった彼女が、妖艶なグラマー女優としてハリウッドの頂点に立つ決定打となったのが本作。確かに、よくよく考えればこんな絶世の美女が片田舎の寂れたダイナーにいるのは不自然だ。リアリティという意味では、ルキノ・ヴィスコンティ版のクララ・カラマイやボブ・ラフェルソン版のジェシカ・ラングの方が説得力ある。しかし、男を狂わせてしまう究極の美女としては、やはりラナ・ターナーは完璧すぎるくらいに完璧だ。

もちろん、自由気ままな流れ者フランクを演じるジョン・ガーフィールドも素晴らしい。いわゆるハリウッドの正統派な二枚目ではなく、どこか陰のある粗野で不器用な一匹狼の個性派。少年のような無邪気さとはぐれ者らしい危険な香りが、女性の母性本能をくすぐるタイプだ。後のマーロン・ブランドやジェームズ・ディーンの先駆け的な役者と言われるガーフィールドだが、確かに当時のハリウッドでは稀有なスターだったと言えるだろう。個人的にも、本作は「その男を逃がすな」('51)と並んで最も好きなガーフィールド主演作だ。

タイ・ガーネットの演出は、いい意味でも悪い意味でも個性がない。どんなジャンルでも当たり障りなく器用にこなす職人監督ゆえの性か。なので、本作がフィルムノワールを代表する名作の一つとされていることに若干の疑問は拭えないものの、それでもラナ・ターナーとジョン・ガーフィールドの魅力には抗し難いものがある。あくまでもスターで魅せる映画。極めてハリウッド的だ。

なお、パブリックドメイン素材を使用した粗悪な海賊版を含め、これまでに何度もソフト化されてきた本作。正規版DVDでも経年劣化がかなり目立っていたが、現在の版元であるワーナーからリリースされたブルーレイは入念なレストア作業が施されており、ピッカピカの超高画質で本編を楽しむことが出来る。ラナ・ターナーの娘シェリル・クレインが母親の素顔を語るドキュメンタリーもクラシック映画ファンならば必見。あの一大スキャンダル事件にもしっかりと言及されている。

評価(5点満点):★★★☆☆

参考ブルーレイ情報(日本盤)
モノクロ/スタンダードサイズ(1.37:1)/1080p/音声:1.0ch DTS-HD Master Audio/言語:英語/字幕:日本語・英語/地域コード:ALL/113分/発売元:Warner Home Video (Japan)
特典:リチャード・ジュウェルによるイントロダクション(5分)/ドキュメンタリー「ラナ・ターナー物語」(86分)/ドキュメンタリー「ジョン・ガーフィールド物語」(58分)/オリジナル劇場予告編/MGM短編「恐怖の迷信」(16分)/MGM短編アニメ「おかしな赤頭巾」(7分)/ラジオ・ドラマ版(28分)


by nakachan1045 | 2016-08-07 19:29 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター