なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「クレオパトラ」 Cleopatra (1963)

f0367483_22184213.jpg
監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
   ルーベン・マムーリアン(ノークレジット)
製作:ウォルター・ウェインジャー
脚本:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
   レイナルド・マクドゥーガル
   シドニー・バックマン
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ドロシー・スペンサー
特殊効果:エミール・コーサ・ジュニア
美術デザイン:ジョン・デキュア
エリザベス・テイラーのヘアスタイル:シドニー・ギラロフ
音楽:アレックス・ノース
出演:エリザベス・テイラー
   リチャード・バートン
   レックス・ハリソン
   パメラ・ブラウン
   ジョージ・コール
   ヒューム・クローニン
   チェザーレ・ダノーヴァ
   ケネス・ハイ
   アンドリュー・キアー
   マーティン・ランドー
   ロディ・マクドウォール
   ロバート・スティーブンス
   キャロル・オコナー
   フランチェスカ・アニス
アメリカ映画/251分/カラー作品





<あらすじ>
紀元前48年、ファルサルスの戦いに勝利したローマ帝国のジュリアス・シーザー(レックス・ハリソン)は、逃亡した敵ポンペイウスを追ってエジプトのアレキサンドリアへやって来る。ローマ帝国に借りを作る絶好の機会だという家臣の進言もあり、若きファラオのプトレマイオス13世(リチャード・オサリヴァン)はポンペイウスの首を差し出す。
アレキサンドリアの王宮に滞在したシーザーの前に、王の姉に当たるクレオパトラ(エリザベス・テイラー)が現れる。弟ではなく我こそが正当な王位継承者だとして、シーザーに力添えを願い出るクレオパトラ。そんな彼女の輝かんばかりの美しさにシーザーは魅了される。
その動きを察知したファラオ一派がローマ軍を包囲したことから、シーザーはアレキサンドリアを火の海にし、プトレマイオス13世を追放してクレオパトラをエジプト女王として即位させる。お互いに世界征服の野望を燃やすシーザーとクレオパトラ。2人の間には子供も生まれた。
クレオパトラをローマへと迎え入れるシーザー。その豪華絢爛たる行列にローマ市民は沸き返るが、強大化するシーザーの権力と野心を危険視した元老院によって、彼は暗殺されてしまう。その後継者には養子オクタウィウス(ロディ・マクドウォール)が指名され、怒ったクレオパトラは息子と共にエジプトへ戻る。
それから数年後、東方の支配を任されたマーク・アントニー(リチャード・バートン)は、ローマ帝国の財政難を救うためにエジプトを訪れ、女王クレオパトラと激しい恋に落ちる。これに怒った元老院とオクタウィウスは将軍アグリッパ(アンドリュー・キアー)率いるローマ軍をエジプトへ送る。ローマ軍に敗れ、最も信頼する家臣ルフィオ(マーティン・ランドー)を失ったアントニーとクレオパトラは…。


映画史上最も莫大な製作費のかかった超大作、映画史上最大の赤字を出した失敗作、20世紀フォックスを破産寸前にまで追い込んだ映画。ハリウッドの長い歴史を振り返っても、これほど肝心の中身よりも周辺の逸話ばかりが取り沙汰される作品はあまりないだろう。最終的な製作費4400万ドル(現在の貨幣価値に換算すると約3億4000万ドル=約380億円)、動員された出演者およびエキストラの数22万3000人、主演は世界一の美女と謳われた大女優エリザベス・テイラー。それはハリウッド史における紛うことなき大事件だった。

スタジオシステムの崩壊によって、'50年代半ばから急速に景気が悪化したハリウッド業界。多くのスタジオが経営難に陥る中、20世紀フォックスも御多分に漏れず、失敗作続きで財政事情が切迫していた。そこで、自社ライブラリーの中から安上がりにリメイク可能なタイトルを探したフォックスは、サイレント時代にセダ・バラ主演でヒットした「クレオパトラ」('17)に着目。ハリウッド黄金期を築き上げた大物プロデューサーであり、当時「私は死にたくない」('58)でオスカーを賑わせてAクラスに復活したウォルター・ウェインジャーに製作を任せる。これが最初の躓きだったのかもしれない。

予てよりクレオパトラを題材にした史劇映画を切望していたウェインジャーは、監督として「市街」('31)や「虚栄の市」('35)などで知られる戦前の巨匠ルーベン・マムーリアンを起用。どちらもハリウッド黄金期の成功体験がある世代だ。それゆえなのだろう、ギャラの安い女優を使った低予算の娯楽史劇を要望するスタジオ側とは裏腹に、彼らは「風と共に去りぬ」('39)や「ベン・ハー」('59)にも負けない本格的なスペクタクル超大作を目指してしまったのだ。そんな余裕などないにも関わらず。しかも、当時のフォックス社長スパイロス・スコウラスは興業畑の出身で、数字には強いけれど映画制作に関しては素人も同然だったため、40年以上に渡って映画界の荒波を生き抜いてきた強者ウェインジャーをコントロールできなかったのだ。

そして、ウェインジャーは主演に当時のハリウッドで最も集客力のある女優エリザベス・テイラーを指名。もともとあまり乗り気ではなかったテイラーの、前払いで100万ドル+利益配分という当時としては前代未聞の無理難題なギャラ条件を呑んでしまったことを皮切りに、「クレオパトラ」の制作過程は負の連鎖に見舞われていく。エリザベス・テイラーの体調不良による撮影延期、うなぎのぼりの制作費、マムーリアンの解雇、新たにジョセフ・マンキーウィッツ監督の起用、助演キャストの変更、ロンドンからローマへの撮影地変更、脚本の書き直し、それらに伴う更なる制作費の高騰、一向に進まぬ脚本執筆と撮影スケジュール、どんんどん膨れ上がる制作費、主演スターのエリザベス・テイラーとリチャード・バートンの不倫スキャンダルなどなど…。もう呪われているとしか言いようのない悪循環が続いたわけだ。

ただ、失敗作、失敗作と言われ続けている本作だが、実のところ'63年の年間興行収入では1位をマークする大ヒットを記録しており、最終的には興行収入5700万ドル(現在の金額に換算すると約4億4600万ドル=約500億円)を稼ぎ出し、辛うじてではあれどペイはしている。20世紀フォックスが撮影スタジオの敷地の多くを売却せねばならなくなったのは、本作の赤字を補填するためだなどと一部では囁かれてきたが、それも実のところはもともと決まっていたことだったようだ。筆者も取材でフォックススタジオを見学して回ったことがあるが、確かにパラマントやワーナー、ユニバーサルなどのスタジオに比べるとかなり規模は小さい。それもこれも「クレオパトラ」のせいかあ~、なんて思ってたら、どうやら濡れ衣だったようだ(笑)。ま、どのみち収支計算で考えると決して成功と言えないことは事実なのだけれど。

で、肝心の中身はどうなのかというと、確かに贅の限りを尽くした巨大な美術セットや衣装、スペクタクルな見せ場は圧巻そのものだ。クレオパトラの行列がローマへ到着するシーンなど、今じゃCGでも使わなければ再現することは絶対に不可能だろう。遥か彼方の豆粒みたいな群衆まで全て本物のエキストラなんだからね。このシーンの人件費だけで映画1本撮れるんじゃないかといったレベルだ。ミニチュアを使わず実物大セットで再現されたローマやアレキサンドリアの都市も壮観。ただただ、溜息を漏らすばかりだ。

しかしながら、ストーリー進行は実に遅い。4時間11分の上映時間が永遠のように感じられる。これはひとえに、物語のアクセントとなる大規模な合戦シーンや海戦シーンをザックリと削り、人間ドラマとロマンスに比重を置いてしまったことが原因にほかならない。本編の大半を会話劇が占めているのだ。まあ、確かにマンキーウィッツ監督は女性ドラマや人間ドラマの巨匠ですよ。だからといって、これじゃあさすがに拷問だよね、とも言いたくなるような感じ。見る者の忍耐力が試される映画でもあるのだ。幻のディレクターズカットは6時間にも及ぶらしいが、さすがにそれを見る覚悟はないなあ…(^^;

評価(5点満点):★★★☆☆

参考ブルーレイ情報(アメリカ盤2枚組)
カラー/ワイドスクリーン(2.21:1)/1080p/音声:5.1ch DTS-HD Master Audio(英語)・4.0ch Dolby Digital(英語)・5.1ch Dolby Digital(スペイン語)・5.1ch DTS(フランス語・スペイン語)/言語:英語・スペイン語・フランス語/字幕:英語、英語(SDH)、スペイン語、フランス語、デンマーク語、ドイツ語、フィンランド語、ノルウェー語、ポルトガル語、スウェーデン語、ヘブライ語、アイスランド語、中国語/地域コード:A/時間451分/発売元:20th Century Fox (2013)
特典:トム・マンキーウィッツ、クリス・マンキーウィッツ、マーティン・ランドー、ジャック・ブロッドスキーによる音声解説/ドキュメンタリー「文化史:クレオパトラの実像」(約8分)/ドキュメンタリー「未公開映像を求めて」(約8分)/ドキュメンタリー「フォックス・ムービー・チャンネル:Fox Legacy」(約30分)/イメージ・ギャラリー/メイキング・ドキュメンタリー「ハリウッドを変えた映画」(約119分)/ドキュメンタリー「クレオパトラ~第四の主役~」(約9分)/ムービートーン・ニュース(2種類・約6分)/オリジナル予告編集


by nakachan1045 | 2016-09-09 17:49 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター