なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「ホラー喰っちまったダ!」 Microwave Massacre (1983)

f0367483_01343028.jpg
監督:ウェイン・バーウィック
製作:トーマス・シンガー
   クレイグ・マックラー
原案:クレイグ・マックラー
脚本:トーマス・シンガー
撮影:カレン・グロスマン
美術:ロバート・バーンズ
音楽:リーフ・ホーヴァス
出演:ジャッキー・ヴァーノン
   ローレン・シェイン
   アル・トループ
   クレア・ギンズバーグ
   ジョン・ハーモン
   シンディ・グラント
   ルー・アン・ウェッバー
アメリカ映画/76分/カラー作品




f0367483_01345226.jpg
<あらすじ>
主人公は平凡な中年の土木作業員ドナルド(ジャッキー・ヴァーノン)。うだつの上がらない仕事や雀の涙ほどの給料など、様々なことに黙って耐えている地味な小心者の彼だが、しかし目下のところ我慢の限界を超えそうな大問題を抱えている。ガミガミと口うるさい妻メイ(クレア・ギンズバーグ)の厭味ったらしい小言、そして彼女の作る毎日の食事だ。グルメ料理にハマってしまった妻は巨大な電子レンジを購入し、フランス料理だスペイン料理だと聞いたことのないような名前の料理をせっせとこしらえている。昔ならではのシンプルな家庭料理を食べたいドナルドにとって、これがどうしても我慢ならないのだ。
そんなある晩、酒に酔った勢いでドナルドは妻メイをソルトミルで殴り殺してしまう。とりあえず死体をバラバラにして冷蔵庫にしまったドナルドは、”証拠を食べてしまえば完全犯罪は成立する!”というテレビ番組を見た後、たまたま間違ってメイの死体を食べたところ、これがすこぶる美味しかった。死体処理の解決策はこれだ!とばかりに、電子レンジで妻の死体を調理しては美味しそうに食すドナルド。しかも、作業現場のランチに持参していったところ、同僚のルーズベルト(ローレン・シェイン)やフィリップ(アル・トループ)にも大好評だった。
とはいえ、さすがにオバサンの肉ではちょっと固くて食べずらい。そこで、ドナルドは若くて柔らかい肉を求め、夜の街を徘徊する娼婦たちを我が家に連れ込んではセックス後に殺害。食生活も性生活も満たされるようになったドナルドは、すっかり若返った気分になるのだったが…?

f0367483_01344908.jpg
なんともふざけた日本語タイトルだが、原題だってなかなか負けてはいない。なにしろ「電子レンジ大虐殺」だからね(笑)。昔は『ドライブイン殺人事件(Drive-in Massacre』('76)だの、『殺しのナイフ(Sorority House Massacre)』('86)だの、なにかとタイトルにMassacreを付けるホラー映画が多かったが、いずれも明らかに『悪魔のいけにえ(Texas Chainsaw Massacre)』('73)の影響であろう。'80年代のホラー映画全盛期には、ブームに便乗してゴミみたいな作品も大量に出回ったものだが、その中でも特に珍品中の珍品の一つに数えられるのが本作だ。

f0367483_01350536.jpg
監督のウェイン・バーウィックは生まれも育ちもハリウッド。父親はユニバーサル映画のダイアログ・ディレクターで、低予算モンスター映画『The Monster of Piedras Blancas』('59)の監督として知る人ぞ知る人物アーヴィング・バーウィック。幼い頃から父親の職場であるユニヴァーサル・スタジオに出入りしていた彼は、トニー・カーティスやバート・ランカスター、エドワード・G・ロビンソンなど、錚々たる大物スターたちに可愛がられて育ったという。とはいえ、映画よりも音楽に興味のあった彼はミュージシャンを目指すものの芽が出ず、生活のために教育映画の制作プロダクションにサウンド・エンジニアとして就職。ここで映画作りの魅力に目覚め、2年間のヨーロッパ放浪の旅を挟んで、やがてフリーランスになった父親の監督作品に携わるようになった。

f0367483_01345671.jpg
そして1978年の夏、父親が監督したセックスコメディ『Malibu High』('79)の撮影現場で、バーウィックは同世代のスタッフ、クレイグ・マックラーとトーマス・シンガーの2人に出会い意気投合。彼らが書いた脚本の映画化を手掛けることとなる。それが初監督作『ホラー喰っちまったダ!』だった。撮影がスタートしたのは'78年の10月。主演には長年ジュディ・ガーランドの前座も務めたベテランのスタンダップ・コメディアンで、クリスマスの定番テレビアニメ『フロスティ・ザ・スノーマン』のフロスティ役で有名なジャッキー・ヴァーノンが起用された。製作費はおよそ8万ドルだったが、そのうち約2万ドルがヴァーノンのギャラだったという。ちなみに、『悪魔のいけにえ』の製作費が30万ドル。本作がどれだけ超の付く低予算だったのか分かるだろう。

f0367483_01344256.jpg
撮影に15日間、編集におよそ8週間をかけて完成した本作。和気あいあいとした現場は非常に楽しかったと関係者の誰もが語っているが、しかし出来上がった作品を待ち受ける運命は厳しかった。何を隠そう、誰も配給したがらなかったのである(笑)。ディストリビューター向けの試写は大不評。そのまま4年近くお蔵入りになっていた。ところが、折からのホームビデオ・ブームに乗って'83年にVHSで発売され、さらにはバーウィック監督の友人テッド・ニューソムの尽力で一部限定ながらも劇場公開されることに。さすがに大ヒットまでには至らなかったものの、そのチープだけれど奇妙な独特のテイストが口コミで評判を呼び、いつしかカルト映画として一部のコアなホラー映画ファンから支持されるようになったというわけだ。

f0367483_01344636.jpg
作品の出来としてはC級以下。とにかくショボい。脚本はご都合主義で突っ込みどころ満載。一応ホラー・コメディなので話がバカバカしいのは当然だとしても、設定には無理があり過ぎだし、あちらこちらで辻褄が合わないし、意味のない無駄なショットも多いし。その上、受け狙いのジョークがまるで笑えない。ノリとしては'50年代~'60年代のシットコム。そこにブラックなユーモアを加味しているのだが、恐らく面白いと思っているのは作り手だけ。あまりにもベタで古臭いスラップスティック・ギャグにしたって、当時ですら時代錯誤に感じられたはず。しかも演出まで下手っくそときたもんだ。バーウィック監督曰く、『ケンタッキー・フライド・ムービー』('77)の路線を狙ったらしいのだけど、見事なくらいに撃沈。とはいえ、この実にのんびりとしたユルさというか、呆れるくらいのセンスのなさが、逆に独特の味わいになっていることも確か。この出来の悪さを楽しめるか否かが評価の分かれ目だ。

f0367483_01350213.jpg
残酷描写も全体的にかなり控えめ。とりあえずバラバラ死体は出てくるものの、しかし血のりはほとんどなしだ。その代わりと言ってはなんだけれど、若いおねえちゃんのおっぱいはそこそこ盛りだくさん。意味不明の下ネタギャグも満載だ。ちなみに、このバラバラ死体を作ったのが、『悪魔のいけにえ』のセットデザインで有名なロバート・バーンズ。当時テキサスのオースティンからロサンゼルスへ移って来たばかりだったバーンズは、オーディションを受けて本作の仕事を得たのだそうだ。

f0367483_01345903.jpg
そんなこんなで、ようやく陽の目を見た本作もキャリアアップにはつながらなかったバーウィック監督。先述した友人のテッド・ニューサムと組んで念願の怪獣映画『The Naked Monster』を'88年に撮影するものの、こちらもまた資金不足で長いことお蔵入りになってしまい、'05年になんとか完成に漕ぎつけている。才能にも運にも恵まれないけど、映画愛だけは人一倍強いようだ。そんな人柄が滲み出ているところも、本作を憎めないポイントだったりするのだよね。

評価(5点満点):★★☆☆☆

参考DVD&ブルーレイ情報(アメリカ盤2枚組)
ブルーレイ
カラー/ワイドスクリーン(1.85:1)/1080p/音声:1.0ch リニアPCM/言語:英語/字幕:英語/地域コード:ALL/時間76分
DVD
カラー/ワイドスクリーン(1.85:1)/音声:1.0ch dolby Digital/言語:英語/字幕:英語/地域コード:ALL/時間76分
発売元:Arrow Films (2016年)
特典:クレイグ・マックラー(脚本・製作)による音声解説/メイキング・ドキュメンタリー(ウェイン・バーウィック監督、クレイグ・マックラー、ローレン・シェイン出演・約21分)/オリジナル予告編/オリジナル・シノプシス(PDF)/フルカラー解説書(28p)

by nakachan1045 | 2016-12-08 16:51 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「Casa d'appunt..
at 2017-12-18 06:18
「殺し屋人別帳」 Kille..
at 2017-12-17 13:00
「フライトナイト」Frigh..
at 2017-12-17 11:57
「デボラの甘い肉体」 Il ..
at 2017-12-14 00:03
「La morte risa..
at 2017-12-13 00:30

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター