なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「サイコ2」 Psycho Ⅱ (1983)

f0367483_01054814.jpg
監督:リチャード・フランクリン
製作:ヒルトン・A・グリーン
製作総指揮:バーナード・シュワーツ
脚本:トム・ホランド
撮影:ディーン・カンディ
特殊視覚効果:アルバート・ホイットロック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:アンソニー・パーキンス
   ヴェラ・マイルズ
   メグ・ティリー
   ロバート・ロジア
   デニス・フランツ
   ヒュー・ギリン
   クラウディア・ブライアー
アメリカ映画/113分/カラー作品




<あらすじ>
ベイツ・モーテルで7人の死体が発見された事件から22年。精神病院に入っていた犯人のノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)が社会復帰することとなる。犠牲者マリオン・クレインの妹ライラ(ヴェラ・マイルズ)は、連続殺人鬼を世に放つのかと強く抗議するが、裁判所の決定は覆らなかった。精神分裂症と診断された彼は、亡き母親の人格に乗っ取られて殺人を犯したことから、責任能力なしとして殺人罪には問われていなかったのだ。
担当医レイモンド(ロバート・ロジア)に付き添われ、あの忌まわしき屋敷へ再び足を踏み入れるノーマン。何も心配することはないと言うレイモンド医師だったが、ノーマンの脳裏には母親の声がこだまする。社会復帰の第一歩として、彼は親切な老女エマ・スプール(クラウディア・プライア―)の経営するダイナーで下働きをすることになる。そこで若いウェイトレス、メアリー(メグ・ティリー)と知り合った彼は、同棲する彼氏に家を追い出された彼女を、ベイツ・モーテルに宿泊させることにする。
ところが、当局の手配でノーマンの留守中にモーテルを切り盛りしていたマネージャーのトゥーメイ(デニス・フランツ)は、怪しげな客ばかりを宿泊させていた。すっかり薄汚くなってしまったモーテルの様子に腹を立てたノーマンは、トゥーメイを解雇してメアリーを屋敷に泊まらせる。
これを機に、メアリーはノーマンと親しくなる。社会に適応し始めたノーマンは、心の病を克服したかのように見えた。しかし、そんな彼の周辺では奇妙な出来事が相次ぐ。母親からのメッセージが書かれたメモがあちこちに残され、母親を名乗る人物からの電話も相次ぐ。次第に精神のバランスを崩し始め、母親はまだ生きていると思い込むノーマン。そんな彼をメアリーが支える。
実は、メアリーはライラの娘だった。ノーマンを精神的に追い詰めるべく母娘で画策していたのだが、間近で彼を見てきたメアリーは、十分に罪を償った彼をこれ以上苦しめることが耐え難くなったのだ。母親に計画中止を宣言するメアリーだったが、さらに不可解な出来事が続く。そして、一人また一人と消えていく関係者。メアリーは、ノーマン以外の何者かが屋敷に潜んでいると考えるのだったが…?

サスペンスの王様アルフレッド・ヒッチコックが亡くなって3年後、その代表作の一つである『サイコ』('60)の続編が登場する。時は1983年、『ハロウィン』('78)シリーズや『13日の金曜日』('80)シリーズに代表されるスラッシャー映画ブームの真っ只中だ。そもそも『サイコ』は、いわゆるモダン・ホラーの原点であり、スラッシャー映画の元祖ともされる作品。もちろん、それ以前にも、例えばヒッチコック自身の『下宿人』('27)やフリッツ・ラングの『M』('31)など、連続殺人鬼を題材にした恐怖映画は少なからず存在したが、しかし『悪魔のいけにえ』から『ハロウィン』、『13日の金曜日』へと連なっていくスラッシャー映画の流れに、直接的な影響を与えた作品は『サイコ』だと言って間違いないだろう。そう考えると、スラッシャー映画黄金時代に『サイコ』の続編が作られるというのは理に適っているし、恐らく製作元ユニバーサルもそこは強く意識していたはずだ。

とはいえ、映画史に残る傑作の続編映画というのは、確かに話題性こそあれども前作と比較されることは必至。下手をすれば、酷評されるのはもちろん興行的な失敗も招きかねない。いわば諸刃の刃だ。そんな重責を担ったのは、オーストラリア出身のリチャード・フランクリン監督。彼はもともとヒッチコックの熱心なファンで、南カリフォルニア大学在学中にはヒッチコック作品『ロープ』('48)の回顧上映を主宰し、それがきっかけでヒッチコックと親しくなり、『トパーズ』('69)の撮影現場で働いたこともある。オーストラリア時代の『パトリック』('78)や『ロード・ゲーム』('80)にもヒッチコックの影響が濃厚だ。プロデューサーのヒルトン・A・グリーンもまた、『サイコ』や『マーニー』('64)などの助監督を務めた、いわばヒッチコックの愛弟子であり、フランクリンの存在を以前より知っていたことから、彼に白羽の矢を立てたようだ。

ただ、ユニバーサルはもともと本作をケーブル局向けのテレビ・ムービーとして企画していたとされ、主人公ノーマン・ベイツ役もアンソニー・パーキンスではなくクリストファー・ウォーケンを想定していたらしい。ところが、当初は出演を断ったはずのパーキンスが、トム・ホランドの書いた脚本を読んで一転、再びノーマン役を演じる気になったことから、劇場用映画として製作されることになったわけだ。オリジナルのベイツ邸およびベイツ・モーテルは1962年に取り壊されていたものの、本作の撮影のためユニバーサル・スタジオにて再建。まだ撮影進行中からスタジオ見学ツアーに組み込まれて人気スポットとなった。壁紙から調度品に至るまで、オリジナルをそっくりそのまま忠実に再現しており、22年ぶりに足を踏み入れたライラ役のヴェラ・マイルズは不思議な感覚を覚えたと当時語っている。

4万ドルを持ち逃げしてベイツモーテルに宿泊したヒロイン、マリオン(ジャネット・リー)がシャワールームで惨殺されるという、前作のハイライトとも言うべきショック・シーンで幕を開ける『サイコⅡ』。モノクロ映像が徐々にカラーへと変わり、モーテルの窓の向こうにそびえ立つベイツ邸が不気味に映し出されるオープニングはなかなか印象的。まさに掴みはバッチリといった感じだ。フランクリン監督は、ヒッチコック版で特徴的だったカメラのアングルや動きをそこかしこに散りばめ、きっちりと世界観を共有していく。両者が地続きの映画であることを強く知らしめているのだ。しかも、決して忠実な再現やコピーではなく、巧妙なアレンジや応用を加えているところがいい。そこは学生時代からヒッチコック作品を研究し尽くした、フランクリン監督だからこその一朝一夕では習得しえないセンスの賜物だろう。

もちろん、撮影監督を担当したディーン・カンディの的確な仕事に負う部分も大きかったのかもしれない。ジョン・カーペンター監督の『ザ・フォッグ』('79)や『ニューヨーク1997』('81)、『遊星からの物体X』('82)で頭角を現したカンディは、その後『バック・トゥ・ザ・フューチャー』('85)や『フック』('91)、『ジュラシック・パーク』('93)などスピルバーグ印の大作映画で名を成すことになる。また、特殊視覚効果担当としてマット合成を手掛けたのは、前作『サイコ』と同じアルバート・J・ホイットロック。丘の上にそびえ立つベイツ邸の、前作そのままな禍々しい雰囲気は、やはりホイットロックを起用したおかげだと見るべきだろう。

本作がヒッチコック版から受け継いだのは、なにもビジュアルや雰囲気だけではない。前作でヒッチコックが目指したのは、観客を徹底的に欺き、翻弄させ、恐怖と衝撃を与えること。ヒッチコック自身がトリュフォーとのインタビューで語っているように、実は役者の演技も物語のテーマもあまり重要ではない。つまり、『サイコ』という作品は、いかにして観客を怖がらせるかを極限まで追求した、いわば究極のホラー映画だった。マリオンと恋人サムの情事で幕を開け、彼との結婚を夢見るマリオンが4万ドルを盗んで行方をくらますところから始まる『サイコ』は、まずはマリオンを主人公とした恋愛絡みの犯罪逃走劇と見せかけ、その様子を克明に記録していく。オープニングでは日時や場所まで明記されるのだから用意周到だ。誰もが一刻一秒を争うような緊迫したサスペンスを期待する。ところが、逃走の途中で立ち寄ったベイツ・モーテルで、あろうことかマリオンが殺されてしまうという驚きの展開に。ここで主人公がモーテルを経営する内気な青年ノーマン・ベイツへとバトンタッチし、悪夢のような異常心理の世界へと観客は迷い込んでくこととなるわけだ。

そうした恐怖と衝撃の追求は『サイコⅡ』でもバッチリ健在だ。犠牲者遺族の反対を押し切って精神病院を出たものの、再び徐々におかしくなっていくノーマン・ベイツ。法律の矛盾や落とし穴に斬り込んだ心理サスペンスかと思いきや、ノーマンと親しくなった女性メアリーがマリオンの妹ライラの娘であることが明かされ、犠牲者の親族による復讐劇の様相を呈していく。で、ノーマンの周囲で起きる怪現象は全てライラとメアリーの母娘が仕組んだ罠なのか、それともノーマンが本当におかしくなってしまったのか、果たしてどっちなのかと気をもんでいると、さらなる驚きのどんでん返しが待ち受けることとなる。

脚本を手掛けたのは、監督も兼ねた『フライトナイト』('85)や『チャイルド・プレイ』('88)などの傑作ホラーで知られる才人トム・ホランド。さすがに『サイコ』の大胆さにも斬新さにも及ばないものの、それでも前作でヒッチコックが目指したものの本質は上手く捉えている。メアリーの偽名を前作でマリオンが宿帳に記した偽名にちなんでメアリー・サミュエルズにしたり、ノーマンが前作の惨劇の現場となった1号室の鍵をメアリーに渡そうとして躊躇したりと、『サイコ』ファンには嬉しい目くばせも随所に盛り込まれている。ライラが姉の恋人サムと結婚していたというのもニンマリだ。

その一方で、フランクリン監督はノーマン・ベイツという人物の悲劇的な側面を際立たせることで、より感情移入の出来るキャラクターとして描いており、その点はヒッチコック版よりも一歩踏み込んでいる。これには、演じるアンソニー・パーキンス自身の強い要望もあったようだ。ジェリー・ゴールドスミスの作曲したオリジナル・スコアも、そんなノーマンの孤独や哀しみを映し出すかのごとく、かなりメランコリックで抒情的。バーナード・ハーマンのスリリングなスコアとは対照的だ。この、そこはかとなく漂うダークなセンチメンタリズムこそが、前作との最も大きな違いと言えるかもしれない。

そんなノーマンを思い入れたっぷりに演じるアンソニー・パーキンス。時として過剰にも感じられる大熱演だが、本作を機にホラー俳優としてキャリアを再生したことを考えれば、強烈なインパクトを与えるという意味において十分だったと言えるだろう。そんなパーキンスと22年ぶりの共演となったライラ役のヴェラ・マイルズだが、当時のインタビューによると前作では重なる出番が少なかったことから、現場では挨拶程度の交流しかなったようだ。なので、ようやく本作でちゃんとお互いを知ることが出来たと語っている。ただ、彼女がヒッチコックの憧れの女優であったことを思えば、本作におけるライラの扱いは…ちょっと微妙かも。

素晴らしかったのはメアリー役のメグ・ティリー。この役にはキャサリン・ターナーやキャリー・フィッシャー、メグ・ライアンらがオーディションを受けたのだが、当時マット・ディロンと共演した青春映画『テックス』('82)などで注目されつつあったメグ・ティリーが起用された。素朴で清楚で爽やか。それゆえに、彼女がノーマンを陥れようとしていたというのは少なからず衝撃だが、同時に彼に同情していく過程にも強い説得力がある。その後も『アグネス』('85)や『恋の掟』('89)などで活躍し、本格的な清純派女優として将来を大いに期待された逸材だったが、なぜか伸び悩んでしまい、いつしか作家業へと本腰を入れ、2度目の結婚を機に女優を引退してしまったのは惜しかった。'10年にテレビのSFシリーズ『Caprica』で15年ぶりに女優復帰するも、主な活躍の場はテレビや舞台となっている。顔は瓜二つだが個性は真逆な姉ジェニファーの方が有名になってしまった。

なお、ノーマンがメアリーに母親の部屋を初めて見せるシーンで、画面右側に『ヒッチコック劇場』でお馴染みのヒッチコックのシルエットが浮き上がるのも要注目。また、一瞬だけ映し出されるノーマンの少年時代を演じているのは、アンソニー・パーキンスの実の息子オズである。さらに、前作『サイコ』では複数の女優がノーマンの母親ノーマ・ベイツの声を演じているが、そのうちの一人ヴァージニア・グレッグが本作でもノーマの声を担当。実は彼女、イングリッド・バーグマン主演の映画『春の雨の中を』('70)で、当時俳優だったトム・ホランドの母親役を演じている。

評価(5点満点):★★★★☆

参考ブルーレイ情報(アメリカ盤)
カラー/ワイドスクリーン(1.85:1)※/1080p/音声:5.1ch DTS-HD Master Audio・2.0ch DTS-HD Master Audio/言語:英語/字幕:英語/地域コード:A/時間:113分/発売元:Scream Factory/Universaltudios
特典:脚本家トム・ホランドによる音声解説/劇場公開時のメイキング・ドキュメンタリー(35分)/リチャード・フランクリン監督、アンソニー・パーキンス、ヴェラ・マイルズの音声インタビュー(本編と同時再生)/劇場予告編集/TVスポット集/スチル・ギャラリー
※本作はもともと4:3のスタンダードサイズで撮影され、劇場公開時に上下をマスキングした疑似ワイドスクリーンで上映されている。

by nakachan1045 | 2017-05-22 00:07 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター