なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「少林拳対五遁忍術」 五遁忍術 Five Element Ninjas (1982)

f0367483_23472108.jpg
監督:チャン・チェ
製作:モナ・フォン
製作総指揮:ランラン・ショウ
脚本:チャン・チェ
   ニー・クァン
撮影:ファン・ウェンユン
音楽:チン・ユンシン
   チェンフー・スー
出演:チェン・ティエンチー
   ロー・マン
   マイケル・チャン
   チェン・ペイシー
   ルン・ティエンシャン
   チャン・シェン
   クァン・フン
香港映画/108分/カラー作品




f0367483_02032551.jpg
<あらすじ>
武術界の覇権を巡って争う正義の袁一派と邪悪な康一派。それぞれの弟子たち揃えた果し合いが行われ、袁一派が康一派に圧勝するものの、そこで康師匠(チャン・シェン)は日本の侍・桑田を助っ人として招く。対抗馬として袁師匠(クァン・フン)が選んだ弟子は実力者シー・シャン(ロー・マン)。死闘の末にシー・シャンが勝つと、桑田は日本の忍者王・剣淵(マイケル・チャン)に復讐を託して切腹する。
ほどなくして、袁一派に忍者王・剣淵からの果たし状が届いた。金・木・水・火・土の5つの忍者軍団が袁一派に挑戦するという。桑田に毒を盛られた袁師匠は向こう3カ月間戦うことが出来ないため、10人の優秀な弟子が対忍者チームに選ばれる。そのうち、シー・シャンと若手ティエン・ハオ(チェン・ティエンチー)は道場の守りを固めるために残り、一番弟子レイ・ベン(ルン・ティエンシャン)を含む8人が忍者との戦いに出向く。
ところが、彼らにとって忍術とは未知の武術。8人の弟子たちは忍者によって皆殺しにされてしまう。さらに剣淵は残りの袁一派も一網打尽にするため、くノ一忍者・ジュンコ(チェン・ペイシー)をスパイとして送り込む。
叔父に身売りされかけた不幸な娘を装い、まんまと袁一派の道場に匿ってもらうジュンコ。そんな彼女をティエン・ハオは警戒するものの、心優しいシー・シャンは大切に扱う。袁師匠を毒殺する計画に失敗したジュンコだったが、秘かに道場の見取り図を作って仲間へ渡すことに成功。さらに、色仕掛けでシー・シャンを誘惑しようとするが、生真面目で清廉潔白なシー・シャンは「今はそんな時ではない」とやんわり断る。
そこで、愛情の証にと彼のために笛を吹くジュンコだったが、それは仲間への総攻撃の合図だった。一斉に道場を襲撃する忍者軍団。シー・シャンはジュンコによって殺害され、仲間たちも皆殺しに。袁師匠も生きたまま焼き殺された。
たった一人残ったティエン・ハオを殺さず生け捕りにするジュンコ。実は彼女、ティエン・ハオに秘かな想いを寄せていたのだ。そこで、かつて旅の途中で知り合った老人から忍術を学んでいたことを思い出したティエン・ハオは、その時に教えられた技を使って敵陣から脱出。その老人、楊のもとを訪れる。
日本の忍術の源は三国時代の中国拳法だった。楊老人のもとで修業を積んだティエン・ハオは、兄弟子たちを伴って剣淵に挑戦状を叩きつける。剣淵は既に康一派をも皆殺しにし、中国武術界の支配を目論んでいた。かくして、中国拳法VS忍術の最終決戦の火ぶたが切られる…。
f0367483_02034882.jpg
香港カンフー映画の巨匠チャン・チェ監督の後期代表作とされ、欧米ではカルト映画として名高い一本。当時ハリウッドではニンジャ映画ブームが巻き起こりつつあったわけだが、その流れを受けて'80年代の香港映画界でもニンジャが引っ張りだこだった。香港でも知名度の高いチャック・ノリスによるニンジャ映画『オクタゴン』('80)が直接的な引き金になったとも言われているが、'70~'80年代にかけて香港映画界が大量のカンフー映画をアメリカ市場に送り込んでいたことを考えると、折からのニンジャ映画ブームに便乗するのは当然の成り行きと言えるだろう。
f0367483_02035258.jpg
ストーリーは極めて単純。正義の中国拳法一派が、邪悪な日本の忍者による侵略行為に立ち向かう。シナリオの基本構造は香港カンフー映画の定番。ニンジャ軍団の誇る5種類の忍術を一つ一つ攻略していくゲーム感覚のプロットは、『続・片腕必殺剣』('69)以来チャン・チェ監督作品ではお馴染みの筋書きと言えよう。だいたい、5種類の忍術っていうのも『五毒拳』('78)みたいだし、同作で売り出されたチャン・チェ監督の秘蔵っ子ユニット「五毒」のメンバーであるロー・マンも出ているし。いろんな意味で使い回し感が満載だ。
f0367483_02033161.jpg
さらに、冒頭では徳川幕府の文献や様々な日本の書物を参考にしたとの説明書きが流れるものの、ぶっちゃけ本作に出てくる忍者も忍術も侍も全ていい加減な代物。とりあえず最低限の基礎知識は押さえているようだが、あとは完全なファンタジーである。侍の髪型や着物だってまるっきり中国風だしね(笑)。そもそも、忍術のオリジナルが中国拳法ってのも根拠ゼロ。そりゃ日本文化が中国文化の影響下にあることは確かだけれど、それにしてもこじつけが過ぎやしませんかって感じだ。まともに取り合っちゃいけません。
f0367483_02040054.jpg
その一方で、荒唐無稽の限りを尽くした派手なアクションやギミックはなかなかのもの。カンフー映画お得意のワイヤーワークやトランポリンを駆使し、飛ぶわ跳ねるわ宙を舞うわのお祭り騒ぎだ。血しぶきブシャー!内臓ドロッ!手足バラバラに切断!などのスプラッター描写も盛りだくさん。その辺もさすがはチャン・チェ監督。最後なんか『死霊のえじき』('85)も真っ青の、素手による胴体真っ二つに引きちぎりだからね!やり過ぎだっちゅーのって(笑)!
f0367483_02033401.jpg
また、それぞれに独創的な5種類の忍術というのも、創意工夫が凝らされていて面白い。これまた、『続・片腕必殺剣』の八大刀王を彷彿とさせるバラエティの豊かさ。キラキラと光る金色の光反射で相手の目をくらまし、ビュンビュンと隠しナイフを発射する銅陣笠なんかカッコいいもんなー。かと思えば、木の着ぐるみに身を隠して敵を待ち伏せする忍術とか、どう考えたってそれ合理的じゃないよね!と突っ込みたくなるような、とんでもない珍忍法もてんこ盛り。もうね、忍法というより魔法ですよ。人間離れもここに極まれりって感じ。どんだけ日本の忍者を買いかぶっているんだか(^^;。
f0367483_02033797.jpg
もちろん、役者陣によるキレッキレなカンフー・アクションも見応えたっぷり。ダイナミックなカメラワークと相まって、まさに息を呑まんばかりの迫力だ。ただ、これは当時のチャン・チェ監督作品全般に言えることなのだけど、主要キャストの見た目が地味過ぎるのは残念。デヴィッド・チャンやティ・ロンのような、映画スターらしい華やかさを持った役者がいないのだよね。主演のチェン・ティエンチーだってお世辞にもイケメンとは言えないし。「五毒」のオリジナル・メンバーであるロー・マンも、よく言って味のある顔ってとこか。悪役のマイケル・チャン(akaチャーリー・チャン)が一番スターのオーラがあったりするのは、はてさて、いかがなもんなのでしょうか。
f0367483_02035657.jpg
ただし、紅一点の悪女ジュンコ役のチェン・ペイシーは、素人臭い演技はともかくとして、お色気担当としては十分な健闘ぶり。あの全身網タイツは大受けですよ。しかも、そんなあられもない恰好のまま、神妙な面持ちで真面目に笛を吹くというギャグみたいな展開。しっかりと下に肌着は付けてるんだけど、それがまた妙に場末な猥褻感を漂わせてポイント高い。ただ、彼女が主人公ティエン・ハオに片思いするのはいささか唐突過ぎるし、キャラ設定的にもちょっとブレ過ぎ。まあ、あの状況下でティエン・ハオ一人が生き残るためには、そうするのが一番手っ取り早かったのかもしれないけれどね。
f0367483_02034542.jpg
あと気になったのは音楽スコアだな。これって、『ウルトラ・セブン』のパクリですよね!? 聴きようによっては『ツァラトゥストラはかく語りき』っぽくもあるんだけど、とりあえずパチもの感ハンパなし。そういうところも安っぽくて好きかも。
f0367483_02034168.jpg
評価(5点満点):★★★☆☆

参考ブルーレイ&DVD情報(イギリス盤)
ブルーレイ
カラー/ワイドスクリーン(2.35:1)/1080p/音声:1.0ch リニアPCM/言語:北京語・英語/字幕:英語/地域コード:B/時間:108分
DVD
カラー/ワイドスクリーン(2.35:1)/音声:1.0ch Dolby Digital/言語:北京語・英語/字幕:英語/地域コード:2/時間:108分
発売元: 88 Films
特典:カンフー映画専門家ベイ・ローガンによる音声解説/リバイバル予告編/フルカラー・ブックレット



by nakachan1045 | 2017-07-19 02:06 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「未来から来たハンター/ヨオ..
at 2018-07-19 18:11
「雪夫人繪圖」 Portra..
at 2018-06-17 23:40
「Ruby」 (1977)
at 2018-06-16 13:23
「キラーフィッシュ」 Kil..
at 2018-06-14 20:21
「北国の帝王」 Empero..
at 2018-06-13 20:05

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター