なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「獄門島」 The Devil's Island (1977)

f0367483_12202672.jpg
監督:市川崑
製作:市川崑
   田中収
原作:横溝正史
脚本:久里子亭(日高真也/市川崑)
撮影:長谷川清
美術:村木忍
音楽:田辺信一
出演:石坂浩二
   司葉子
   大原麗子
   佐分利信
   東野英治郎
   三木のり平
   太地喜和子
   草笛光子
   加藤武
   坂口良子
   大滝秀治
   松村達雄
   稲葉義男
   上条恒彦
   小林昭二
   内藤武敏
   ピーター
   浅野ゆう子
日本映画/141分/カラー作品




f0367483_08085880.jpg
<あらすじ>
昭和21年の晩夏、友人の依頼で岡山県へと向かった東京の私立探偵・金田一耕助(石坂浩二)は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島・獄門島の住職・了然和尚(佐分利信)に手紙を渡す。それは、引き揚げ船の中で死亡した若者・鬼頭千万太から託された遺言だった。ちょうど同じ日、千万太の従兄弟に当たるひとしが戦地から無事に帰って来るとの知らせがあった。そのことで、了然和尚や荒木村長(稲葉義男)、医師・幸庵(松村達雄)らは頭を抱える。
というのも、島の名門である鬼頭家は本鬼頭と分鬼頭の両家が昔から対立しており、戦死した千万太は本鬼頭の先代当主・喜右衛門(東野英治郎)が生前に指名した後継者だった。その唯一の跡取りが死んでしまったのである。とりあえず万が一、千万太が戦死した場合は本鬼頭の分家の息子ひとしが後を継ぐことになっており、そのひとしの無事が確認されたのは良かったのだが、しかしそれだと今度は分鬼頭が黙ってはいない。
というのも、千万太には知恵遅れの妹が3人おり、跡取りのいない分鬼頭の当主・儀兵衛(大滝秀治)の後妻・巴(太地喜和子)は、自分の意のままに出来る居候の若者・鵜飼章三(ピーター)をそのうちの誰かと結婚させ、本鬼頭を乗っ取ろうと計画していたのだ。それゆえ、分鬼頭の巴としては、ひとしが本鬼頭の後継者だと認めるわけにはいかず、彼が復員する前に本鬼頭の娘たちのいずれかと章三の縁談をまとめてしまおうと考えていた。
一方、金田一には遺言書を届ける以外に別の目的があった。実は引き揚げ船で亡くなる前、千万太は3人の妹たちの身を案じていたというのだ。千万太と3人の妹は腹違い。彼女らの亡くなった母親・お小夜(草笛光子)は旅回りの女役者で、芝居好きだった父親・与三松(内藤武敏)に見初められて後妻となった。ところが、卑しい身分のお小夜のことを喜右衛門は毛嫌いしていたため、3人の孫娘たちのことも決して認めようとはしなかった。果たして、自分がいなくなったら彼女たちの身に危険が及ぶと千万太は考えたのか?その真意がよく分からないことから、事情を探って最悪の事態を防ぐというのが、金田一に任された真の使命だった。
そして千万太の通夜の晩、本鬼頭の三女・花子が寺で梅の木から逆さづりにされた状態で発見される。死因は絞殺だった。殺人事件発生の一報を受け、本土から警察の等々力警部(加藤武)らが島へやって来る。妻・お小夜が発狂死して以来頭がおかしくなって幽閉されている本鬼頭の現当主・与三松、代わりに本鬼頭を取り仕切っている分家の娘・早苗(大原麗子)、本鬼頭の女中として先代・喜右衛門に仕えてきた勝野(司葉子)、本鬼頭の乗っ取りを企んでいる分鬼頭の巴に居候の章三などなど…容疑者はいるものの捜査が二転三転する等々力警部。そうこうしているうちに、第2の殺人事件が発生する。次女・雪枝の他殺体が釣鐘の中から発見されたのだ。
残るは長女・月代(浅野ゆう子)のみ。その頃、島の人々の証言から鬼頭家の複雑怪奇な過去を調べていた金田一は、やがて寺の屏風に書かれていた3つの俳句に謎解きの重要なヒントが隠されていることに気付く…。
f0367483_08092819.jpg
『犬神家の一族』('76)と『悪魔の手毬唄』('77)に続く、市川崑監督×石坂浩二のコンビによる金田一耕助シリーズ第3弾。一部の例外を除いてシリーズ物というは回を重ねるごとにつまらなくなるもので、本作もご多分に洩れず前2作に比べて見劣りすることは否めないものの、それでもなお一定の高いクオリティを保っているのは立派だ。そこはさすが、市川崑監督の巨匠たる所以。正直、謎解きのトリックを含めて脚本の出来は決して良いと言えないのだが、その欠点を十分に補うだけの魅力がある映画だと言えよう。
f0367483_08110370.jpg
ストーリーの大筋自体はわりとシンプル。古い因習の残る閉鎖的な瀬戸内海の離島・獄門島で、名門一族・鬼頭家の跡継ぎ問題を巡って陰惨な連続殺人事件が発生する。いかにも横溝正史作品らしい設定だ。ただし、事件を取り巻く人間関係や背景事情などは、その他の金田一映画と比べても段違いに複雑でややこしい。そもそも、鬼頭家は大きく分けて本鬼頭と分鬼頭の2つの家系で構成されているのだが、分鬼頭は分家ではなくあくまでも独立した親戚筋で、それ以外に分家が存在する。なので、誰と誰がどこでどう繋がって、どういう力関係にあるのか、なかなかすぐには呑み込みづらい。それが狭い地域社会における、逃れようにも逃れられないしがらみの複雑さを如実に象徴するわけだが、それにしても全体像が分かりにくいため、最初のうちは話に追いついていくのがやっとという感じだ。
f0367483_08110655.jpg
とはいえ、それでも見ていくうちに大体の相関図は頭の中で整理がつく。問題は肝心の謎解きである。というのも、『犬神家の一族』以来の金田一映画シリーズの定番である”犯人は美しい女性”という設定を踏襲するため、原作の犯人像に大きな改変を加えたことから、犯行のトリックに辻褄の合わぬところが幾つも出てきてしまったのだ。また、その改変に伴って付け加えられたメロドラマ的な要素も、全体的なストーリーの流れの中で浮いてしまった感は否めず、それこそ『悪魔の手毬唄』における磯川警部とリカの淡い悲恋ドラマ的な感動を生むにまでは至っていない。むしろ、『悪魔の手毬唄』や『犬神家の一族』の二番煎じ的な印象を受けることだろう。
f0367483_08103180.jpg
その一方で、この改変によって結果的に際立つようになった要素もある。排他的な土地柄による「よそ者」への理不尽な差別、そして家父長制のもとにおける男尊女卑の風習だ。それが終戦から1年後という時代設定とも相まって、まるで戦前・戦中の暗い日本社会の縮図のように映し出される。言ってれば、日本に災いと不幸をもたらした過去の悪しき伝統が、この外界から閉ざされた小さな離島で根深く息づき、人々の生活に暗い影を投げ落としているのだ。これはなかなか面白い裏テーマだと思うのだが、結果的にストーリーの上で十分に活かされることなく終わってしまっている感は否めない。
f0367483_08111394.jpg
そうした脚本の不完全燃焼な欠陥を補って余りあるのが、全編に散りばめられた洒脱なユーモアと市川崑監督お得意の洗練されたビジュアルセンスだ。冒頭で三谷昇が絶妙に演じる復員服の男をはじめ、駐在さんのとぼけた奥さんに散髪の下手な床屋の奥さん(シリーズ常連の沼田カズ子)などのユニークなキャラが随所に登場。加藤武演じる等々力警部もいつもの調子で「よーし、分かったぞ!」とトンチンカンな推理を披露するのだが、今回は部下の辻萬長を含めて周りの全員がそのたびに「は!?」とか「え!?」とか突っ込みを入れる。サスペンスの緊張感を和らげるようなユーモアは金田一シリーズの定番だが、中でも特に本作はそれが際立っており、なおかつ抜群に面白い。
f0367483_08112505.jpg
また、江戸時代から流刑人や海賊の子孫が住むと言われる獄門島の、どんよりとした陰鬱な雰囲気も連続殺人事件の禍々しさを盛り上げて秀逸。近代化から取り残されたような日本の田舎に息づく古びた伝統文化を厳かに映し出しながらも、ドイツ表現主義を彷彿とさせるような大自然のイメージショット、登場人物たちの一瞬の表情や過去のフラッシュバックなどを矢継ぎ早に挿入していくシャープなカット繋ぎは、まるでモダン・ジャズのごとき軽やかさ。これぞ市川崑作品の醍醐味だ。もちろん、シリーズの目玉である趣向を凝らした美しくも残酷なショック・シーンも見どころである。
f0367483_08101202.jpg
豪華絢爛たるオールスター・キャストの俳優陣も充実している。中でも、大御所・佐分利信の重厚な存在感たるや圧倒的で、彼を前にすれば金田一役の石坂浩二はもとより、松村達雄や稲葉義男のような曲者の名優たちまで影が薄くなってしまう。なにしろ、『日本の首領』シリーズでは三船敏郎や片岡千恵蔵、嵐寛寿郎といった強面の重鎮たちですら存在感負けしてしまった人ですから。何一つとして凄んだ芝居を見せているわけでもなく、ごく自然体でそこにいるだけなのに、それでも全身から溢れ出る威圧感のオーラが凄まじい。こういうスケールの大きな重量級のスター、日本映画界から姿を消して久しいよなあ…。
f0367483_08104413.jpg
いつもに比べて意外と物分かりが良い等々力警部役の加藤武、相変わらず飄々とした巧さが際立つ大滝秀治、『悪魔の手毬唄』同様にワンシーンだけの出演ながら強烈な印象を残す三木のり平などなど、芸達者なバイプレイヤーたちも充実。諸悪の元凶たる本鬼頭の先代・喜右衛門役の東野英治郎の狂気にも似た暴君ぶりもインパクト大だし、どことなく薄気味悪さを漂わせる中性的な美青年・鵜飼章三役のピーターも絶妙な配役だ。
f0367483_08112130.jpg
さらに、金田一シリーズの看板である女優陣がまた素晴らしい。実質的なヒロインである大原麗子の美しさはもとより、日陰者として生きてきた女性の哀しみと強さを体現する勝野役の司葉子、田舎の男社会を逞しく生き抜いてきた野心家の巴を演じて秀逸な太地喜和子、『犬神家の一族』に続いてマスコット的な役どころで爽やかさを振りまく坂口良子と、いずれも好演。中でも出色なのは、殺される3姉妹の亡き母親・お小夜役の草笛光子で、旅芸人一座の演目『娘道成寺』では見事な歌舞伎舞踊を披露。さすが松竹歌劇団のスターだった人だけある。
f0367483_08111719.jpg
なお、佐分利信演じる了然和尚の弟子・了沢役として、後にアニメ『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル役で人気声優となる若き日の初々しい池田秀一、司葉子演じる勝野の幼き頃として、子役時代の荻野目慶子が出演しているのも要注目であろう。
f0367483_08110944.jpg
評価(5点満点):★★★★☆

参考DVD情報(日本盤)
カラー/スタンダードサイズ(1.33:1)/音声:2.0ch Dolby Digital Mono/言語:日本語/字幕:なし/地域コード:2/時間:141分/発売元:東宝株式会社
特典:特報/予告編/作品資料(パンフレットより)/スナップ・コレクション



by nakachan1045 | 2018-08-05 08:13 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「酔いどれ博士」 Drunk..
at 2018-12-09 08:06
「種鬼」 Seeding o..
at 2018-12-08 12:03
「忍者秘帖 梟の城」 Owl..
at 2018-12-05 13:32
「アンビュランス」 The ..
at 2018-11-13 08:58
「シャドー」 Tenebra..
at 2018-11-12 09:40

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター