人気ブログランキング |

なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

「ザ・デプス」 DeepStar Six (1989)

f0367483_19115143.jpg
監督:ショーン・S・カニンガム
製作:ショーン・S・カニンガム
   パトリック・マーキー
原案:ルイス・アバナシー
脚本:ルイス・アバナシー
   ジェフ・ミラー
撮影:マック・アールバーグ
特殊効果:マーク・ショストロム
音楽:ハリー・マンフレディーニ
出演:トーリン・ブラック
   ナンシー・エヴァーハード
   グレッグ・エヴィガン
   ミゲル・フェラー
   ニア・ピープルズ
   マット・マッコイ
   シンディ・ピケット
   マリウス・ウェイヤーズ
   エリヤ・バスキン
   トム・ブレイ
   ロン・キャロル
アメリカ映画/99分/カラー作品




<あらすじ>
米海軍の海底秘密基地ディープスター・シックスでは、ヴァン・ゲルダー博士(マリウス・ウェイヤーズ)の監修のもとで核ミサイル発射台の建設が進められていた。しかし、計画は予定よりも大幅に遅れており、半年以上も不自由な海底生活を送っている11人のクルーはイライラしがちだ。
そんなある日、発射台の建設予定場所の下に大きな空洞が発見される。海洋生物学者のスカーペリ(ニア・ピープルズ)は、古い記録にある巨大生物が棲息しているかもしれないと考え、海底空洞の調査を願い出るものの、ヴァン・ゲルダー博士は空洞の爆破を指示する。そんなことをしている余裕はないというのだ。
ところが、海底の空洞は予想よりも遥かに大きかった。観測用ポッドで建設作業を指揮していたジョイス(ナンシー・エヴァーハード)は、探査艇クルーを送り込んだものの途中で連絡が途絶えてしまう。さらに、何か巨大な生物によって観測用ポッドが襲撃される。異変に気付いた潜水艇パイロットでジョイスの恋人マクブライド(グレッグ・エヴィガン)と基地司令官レイドロー(トーリン・ブラック)が救出に向かうが、しかし最終的に脱出できたのはマクブライドとジョイスの2人だけだった。
この異常事態発生を受けて、司令官亡き後の責任者となった女医ノリス(シンディ・ピケット)はクルー全員の緊急退避を指示する。ところが、基地を退去するに当たってのシステム作業を任されたシュナイダー(ミゲル・フェラー)の操作ミスで、核ミサイルが爆破されてしまった。その衝撃波によってディープスター・シックスは壊滅状態に。なんとか電気は復旧したが、空気の供給が不可能となり、減圧室へつながるパイプも故障。さらに、原子炉の冷却装置がダメになったことから、早く脱出しないと基地そのものが爆発してしまう。
まずは減圧室へつながるパイプを外から修理するため、技術者ジム(マット・マッコイ)が作業に当たる。しかし、異変が起きたことからジムを基地内部へ戻すと、一緒に巨大な深海モンスターが姿を現す。ジムは食い殺され、スカーペリも犠牲になってしまった。パニックで逃げ惑うクルーたち。果たして、彼らは生きてここを脱出することは出来るのか…?

前回の『リバイアサン』のコラムでも紹介した通り、'89年は深海アドベンチャー映画ブームに沸いた(?)1年だった。とはいえ、ぶっちゃけ世間が待ち望んでいたのはジェームズ・キャメロン監督の最新作『アビス』のみ。それ以外は、『アビス』の話題性に便乗した即席のB級映画ばかりだった。ゆえに、全米で興行的に当たったのも『アビス』だけ。ほかの作品はほぼ全滅でございました。

ただ、日本では『リバイアサン』と『ザ・デプス』の公開時期がちょうど重なったこともあり、それなりに話題を呼んだように記憶している。まあ、さすがに大当たりとは言えなかったと思うが、少なくとも筆者にとっては、変に感動の超大作を気取った『アビス』なんかよりも、純然たるB級娯楽映画、それも海洋モンスター・ホラーを目指した『リバイアサン』と『ザ・デプス』の方が遥かに面白かった。その評価は今でも変わらない。

ということで、『13日の金曜日』('80)の生みの親ショーン・S・カニンガムが監督と製作を兼ねた『ザ・デプス』。基本設定は『リバイアサン』と同じく深海版『エイリアン』である。ただし、バジェットは明らかにこちらの方が格安(笑)。例えば、海底シーンも『リバイアサン』ではチネチッタに実物大の巨大セットを組んで撮影しているが、『ザ・デプス』では基本的にマットペイントとミニチュアセットで処理している。もちろん、どちらがいい悪いという話ではない。古き良きミニチュア特撮の有機的な手作り感は大好きだしね。

ちなみに、海底の下に人跡未踏の巨大空間が隠されており、そこから未知のモンスターが出現するというのは、'18年9月に日本公開される映画『MEGザ・モンスター』('18)と全く同じ設定である。カメラ付きの探査機がモンスターに破壊され、それを回収に向かった潜水艇までもが襲撃されるというオープニングの展開もソックリだ。まさかとは思うが、『ザ・デプス』をパクったわけではあるまい…?

閑話休題。で、そのモンスターの襲撃によって司令官以下4名のクルーを失ったことから、米海軍の海底秘密基地ディープスター・シックスは急遽閉鎖されることに。スタッフ全員が退去の準備を進める中、よりによって一人の男がとんでもないヘマをやらかしてしまう。ミゲル・フェラー演じる問題児シュナイダーだ。

やることなすこと、全てが裏目にしか出ない奇跡のような疫病神シュナイダー。軽率で頭が悪い上に臆病者でへそ曲がりという、まさしく絵に描いたようなダメ男なわけですよ。なので、周りの人間の足手まといになるばかりか、次々とありえないような人災を引き起こしてしまう。ただ、本人自身は全く悪気なし。わざとやっているわけじゃないから、気の毒と言えば気の毒なんだけど。いずれにせよ、この桁外れに迷惑な「歩く人災男」こそ、実は本作における第2のモンスターだとも言えよう。

そんなシュナイダーが、誤って核弾頭を爆破してしまったことから海底基地は半壊状態に。そこへ巨大モンスターが襲来して阿鼻叫喚のパニックが展開する…というわけだ。『グレムリン』('84)や『ザ・フライ』('86)で有名なクリス・ウェイラスがデザインしたモンスターは、さながらカニとヒトデを合体させたようなイメージ。撮影における実務作業は『エルム街の悪夢』('84)シリーズや『メン・イン・ブラック』('97)のマーク・ショストロムが担当しているのだが、実物大のクリーチャースーツは低予算のわりになかなか良くできている。個人的には『リバイアサン』のモンスターよりも好きだ。

キャストはドラマ『ヒルストリート・ブルース』('81~'87)の警官役でエミー賞候補になったトーリン・ブラック、『トラック野郎!B・J』('79~'81)の主演で大ブレイクしたグレッグ・エヴィガンのテレビ・スターのほか、主にB級映画で活躍する俳優たちが勢ぞろい。シュナイダー役のミゲル・フェラーは往年の名優ホセ・フェラーの息子で、当時は『ロボコップ』('87)の小悪党役で注目されたばかりだった。また、ニア・ピープルズは女優の傍らでダンスポップ系歌手としても活躍しており、筆者も当時は大ファンでレコードやCDを買い集めていたもんであります。

『ポリス・アカデミー』シリーズでスティーヴ・グッテンバーグの後釜に起用されたマット・マッコイは、その後『ゆりかごを揺らす手』('91)や『L.A.コンフィデンシャル』('97)などAクラスの映画にも出るように。シンディ・ピケットはロジェ・ヴァディム監督の『ナイトゲーム』('80)で、いわゆるセックス・シンボルとして売り出された人だが、大成せずに当時は『フェリスはある朝突然に』('86)のお母さん役で親しまれていた。ヒロインのナンシー・エヴァーハードは、当時ドルフ・ラングレン主演の『パニッシャー』('89)など次々と低予算娯楽映画に起用されていたが、わりとあっという間に消えてしまった女優さんだ。

ちなみに、原案と脚本を書いたルイス・アバナシーがジェームズ・キャメロンの友人で、ネタ的に『アビス』と被るから寝かせておいてくれとキャメロンから言われたにも関わらず、それを無視して原案をカロルコ・ピクチャーズに売ってしまい、そのせいで2人の友情にヒビが入ったという裏話は有名。その後、彼らは仲直りしたらしく、アバナシーはキャメロンの『タイタニック』('97)に出演している。

なお、今のところ本作のブルーレイは日本とスペインでしか発売されていない。スタジオカナル社提供の本編マスターは画質もかなり良好。同時収録の日本語吹き替えは、'90年に地上波で放送されたテレビ朝日の「日曜洋画劇場」版だ。



評価(5点満点):★★★☆☆

参考ブルーレイ情報(日本盤)
カラー/ワイドスクリーン(2.35:1)/1080p/音声:2.0ch DTS-HD Master Audio/言語:英語・日本語/字幕:日本語/地域コード:ALL/時間:99分/発売元:合同会社是空/TCエンタテインメント
特典:オリジナル劇場予告編



by nakachan1045 | 2018-08-10 12:06 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

字が小さすぎて読めない
by ぷー at 16:21
「ディメンシャ13」は廉..
by cary1959 at 04:30
中沢様はベテランのブロッ..
by Y. Kubota at 03:05
すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター