人気ブログランキング |

なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「サイボーグ」 Cyborg (1989)

f0367483_14163938.jpg
監督:アルバート・ピュン
製作:メナハム・ゴーラン
   ヨーラム・グローバス
脚本:キティ・チャーマーズ
   ダニエル・ヒュバード=スミス
撮影:フィリップ・アランウォーターズ
美術デザイン:ダグラス・レオナード
特殊メイク:グレッグ・キャノム
音楽:ケヴィン・ベイシンソン
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム
   デボラ・リクター
   ヴィンセント・クライン
   デイル・ハドン
   アレックス・ダニエルズ
   ロルフ・ミュラー
   ジャクソン・”ロック”・ピンクニー
アメリカ映画/86分/カラー作品




<あらすじ>
核戦争によって世界の文明が崩壊し、疫病の蔓延によって人類が滅亡しかけた近未来。アトランタにある疾病対策センターでは疫病の治療薬の開発を進めていたが、それを完成させるためにはニューヨークのコンピューターに保存されている情報が必要だった。そこで、女性科学者パール(デイル・ハドン)は自ら志願してサイボーグ手術を受け、コンピューターのデータを入手するべくニューヨークへ向かった。
ニューヨークで無事にデータを手に入れたパールだったが、略奪や虐殺を繰り返す極悪人フェンダー(ヴィンセント・クライン)率いるギャング団に襲撃され、ボディガードを殺されてしまう。フェンダーはパールからデータを奪い、治療薬を自分で独占しようと考えていた。しかし、肝心のデータはサイボーグとなったパールの頭脳に記録されている。そこで、フェンダーはパールを拘束してアトランタへ向かい、完成した治療薬を奪うことにする。
フェンダーの一味に追い詰められたパール。そこへ、ギブソン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)と名乗る謎のスリンガー(=傭兵)が現れる。パールを助けて逃げようとするギブソンだったが、しかしあと一歩のところでフェンダーたちに取り囲まれ、パールは連れ去られてしまった。
かつて愛する人々をフェンダー一味に虐殺されたギブソンは、それ以来復讐のために彼らを追っていた。同じくフェンダーたちに恨みを持つ若い女性ナディ(デボラ・リクター)と知り合った彼は、道すがら様々な危険に立ち向かいつつ、船で沿岸内水路沿いにアトランタへ向かったフェンダー一味を追跡するのだったが…。

'80年代に低予算のB級アクションやホラーから、映画史に残る巨匠の芸術大作まで幅広い映画を世に送り出し、一時はメジャースタジオをも凌駕する勢いを誇ったキャノン・フィルム。『スーパーマンⅣ』('87)の失敗をきっかけに経営状態が悪化し、'90年にはキャノン黄金期を築き上げた剛腕社長メナハム・ゴーランが会社を追われるわけだが、そんなゴーラン&グローバス時代の最晩年に発表したスマッシュ・ヒット作が、当時キャノンがチャック・ノリス、ショー・コスギ、マイケル・ディダディコフに続くアクション・スターとして期待をかけていた、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の『サイボーグ』('89)である。

もともと当時のキャノンは、社運を賭けたアメコミ映画『マスターズ・オブ・ユニバース』と『スパイダーマン』を、ゴーランお気に入りのB級アクション映画監督アルバート・ピュンの手によって同時撮影する予定だった。実際にロケ地のノースカロライナ州では、両作のセットや衣装の制作が進められていたのだが、結局資金不足で企画自体が実現不可能となってしまう。そこで、せっかく作りかけたセットや衣装を無駄にしてはいけないと、アルバート・ピュンに約1週間で脚本を書かせて約3週間で撮影させたのが本作だったというわけだ。

そうした裏事情を考慮すれば、これはこれで良く出来たB級娯楽映画だと言えよう。愛する女性を無法者集団に虐殺されたガンマンが、荒れ果てた大地を旅しながら復讐を遂げるというストーリーはマカロニ西部劇の焼き直し。突然現れた謎のヒーローの暗い過去と正体をフラッシュバックで明かす手法は、イーストウッドの『荒野のストレンジャー』('73)をお手本にしているように思える。

まあ、新鮮味に欠けるストーリーではあるし、当時イタリアで量産されたB級世紀末アクションみたいなセットもチープだし、スローモーションを過剰に多用した演出も冗長に感じられるが、短期間の急ごしらえで作られた映画にしては上出来だ。しかも、製作費はたったの50万ドルとも言われている。そのうちセットと衣装だけで20万ドル。いかに激安な映画だったのか分かろうものだ。

映画ファンからはなにかとバカにされることの多いピュンだが、しかしこうした悪条件が当たり前だった低予算映画の世界で、次々と平均レベルないしそれ以上の娯楽映画を世に送り出したことは評価されて然るべきだ。逆に、アルバート・ピュン作品をバカにするような映画ファンは、恐らくこれクラスの予算や期間で凡庸な監督が撮った他のB級アクション映画を見たことがないのかもしれない。例えばシリオ・H・サンチャゴの映画群なんぞ、そりゃもう酷いもんですよ。まあ、本来であれば場末のグラインドハウス映画館で上映されるべきタイプの作品を、メジャー映画ばりの配給網で大々的に公開してしまったキャノン・フィルムの功罪もあるにはあるのだろうけど。

とはいえ、客観的に見ればそこそこ面白くてそこそこ楽しめる平均的な世紀末SFアクションといった感じ。『ドラキュラ』('92)や『タイタニック」('97)で有名なグレッグ・キャノムによる、コマ撮りを使ったサイボーグの特殊メイクも完成度が高いものの、いかんせん2~3分程度しか出てこないので物足りない。ヴァン・ダムの魅力も『ブラッド・スポーツ』('87)や『キックボクサー』('89)の方が生かされているように思う。

ちなみに、宿敵フェンダーを演じているヴィンセント・クラインは、マーク・ダカスコスをコワモテにした感じで、本作以降アルバート・ピュン作品には欠かせない存在となった俳優。もともとはハワイの有名サーファーだったらしい。また、サイボーグ化した女性科学者パール役のデイル・ハドンは'70年代の世界的なトップモデル。女優としても『マダム・クロード』('77)などに出演し、アメリカのみならずヨーロッパでも活躍したが、本作の当時は既にもう過去の人だった。

なお、今年('18年)アメリカのScream Factoryから発売された、本作のコレクターズ・エディション版ブルーレイはおススメだ。といっても、インターポジから2Kスキャンされたリマスター映像が超高画質だからとか、別人のように老人化したヴィンセント・クラインや整形のし過ぎで顔が変になっちゃったデボラ・リクターの出てくるメイキング・ドキュメンタリーが面白いからとかいう理由ではない。いや、それらも当然見どころなのだが、最大の売りはアルバート・ピュン監督による1時間以上にも及ぶロング・インタビューである。

これはキャノン・フィルムの全容を振り返るドキュメンタリー映画『Electric Boogaloo: The Wild, Untold Story of Cannon Films』('14)のために撮影されたインタビューのノーカット完全版で、ピュン監督自身が内側から見たキャノン・フィルムの思い出がたっぷりと語られているのだ。「ゴーランは滅茶苦茶だけど愛すべき映画狂」「グローバスは冷酷非情なビジネスマン」など、歯に衣着せぬ言葉で率直に当時を振り返っているのはとても面白い。ただし、本作のアメリカ盤ブルーレイは以前にMGMからもリリースされているので、くれぐれもお間違えなきよう。



評価(5点満点):★★★☆☆

参考ブルーレイ情報(アメリカ盤)
カラー/ワイドスクリーン(1.85:1)/1080p/音声:2.0ch DTS-HD Master Audio/言語:英語/字幕:英語/地域コード:A/時間:86分/発売元:Scream Factory/MGM
特典:メイキング・ドキュメンタリー「A Ravaged Future: The Making of Cyborg」(約29分)/SFXメイキング・ドキュメンタリー「Shoestring Fantasy: The Effets of Cyborg」(約12分)/アルバート・ピュン監督インタビュー(約63分)/オリジナル劇場予告編



by nakachan1045 | 2018-08-19 00:51 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

字が小さすぎて読めない
by ぷー at 16:21
「ディメンシャ13」は廉..
by cary1959 at 04:30
中沢様はベテランのブロッ..
by Y. Kubota at 03:05
すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター