なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「やくざ戦争 日本の首領(ドン)」Yakuza War: The Japanese Don (1977)

f0367483_21423276.jpg
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋
   日下部五朗
   松平乗道
   田岡満
原作:飯干晃一
脚本:高田宏冶
撮影:増田敏雄
音楽:黛敏郎
   伊部晴美
出演:佐分利信
   鶴田浩二
   菅原文太
   松方弘樹
   千葉真一
   梅宮辰夫
   高橋悦史
   渡瀬恒彦
   火野正平
   市原悦子
   内田朝雄
   待田京介
   東恵美子
   高橋昌也
   小松方正
   西村晃
   小池朝雄
   成田三樹夫
   田中邦衛
   金子信雄
   二宮さよ子
   地井武男
   尾藤イサオ
   織本順吉
   折原真紀
日本映画/132分/カラー作品




f0367483_23024657.jpg
<あらすじ>
昭和42年の秋。新興の総合企業グループ、アベ紡績の阿部社長(高橋昌也)が美人局に引っ掛かり、一計を案じた常務・島原(西村晃)は関西最大の暴力団組織・中島組の組長・佐倉(佐分利信)に解決を依頼する。佐倉から指示を受けた若衆頭・辰巳(鶴田浩二)は、中島組幹部でも一番の狂犬・迫田(千葉真一)とその部下を使って、美人局の犯人である暴力団・共和会の一味を惨殺した。
その顛末を知った阿部社長は驚いて暴力団と関係を持ったことを後悔するが、逆に島原は旧財閥系企業と渡り合っていくうえで中島組の力は必要悪と考え、西日本の100社近くに渡る優良企業による中島組の支援組織を設立。その表向きの代表として、大学を卒業した組きってのインテリである佐倉の秘書・松枝(松方弘樹)が就任する。
冷酷非情で計算高い組長の佐倉だが、私生活では良き家庭人として、最愛の妻・雪江(東恵美子)と養女の登志子(二宮さよ子)、真樹子(折原真紀)を誰よりも大切にしていた。登志子は大学病院に勤める優秀な外科医・一宮(高橋悦史)と婚約していたが、一宮の両親がやくざの娘との結婚を反対したため、島原の養女を装って結婚へとこぎつける。さらに、大学病院で肩身の狭くなった一宮のため、佐倉は個人医院の設立費用を工面した。一方、自由奔放な次女・真樹子はたびたびトラブルを起こし、彼女と肉体関係を結んだ部下・日暮(尾藤イサオ)を松枝は射殺せねばならなくなる。
西から東へと勢力の拡大を図る中島組。右翼の大物・大山(内田朝雄)から、関東の暴力団・錦城会の岩見(菅原文太)と手を組むよう求められた佐倉だったが、その申し出を慇懃無礼に断る。岐阜の三浦組によって舎弟・野溝(渡瀬恒彦)が殺されたことから、組長の三浦(小池朝雄)を狙う松枝や片岡(成田三樹夫)。三浦は錦城会・木崎(小松方正)の助けで高飛びするが、旅館の部屋に戻ると愛人が首を切り落とされていた。また、汚職政治家・田口(金子信雄)に脅迫された辰巳は、松枝らを使って田口を拉致・拷問して口封じをする。
やがて、辰巳は200人以上の組員を一斉に関東へと投入。しかし、警察からの強い警告で引き上げざるを得なくなる。その頃、佐倉と親交の深かった大物政治家・小野(神田隆)が死去。佐倉の代理として辰巳が東京の葬儀に参列するが、そこへ錦城会に雇われた殺し屋・三鷹(待田京介)、根津組から差し向けられた鉄砲玉のチンピラ竹田(火野正平)が現れて暗殺を謀る。辰巳は一命を取りとめたものの、怒り狂った迫田が真昼間に岩見を襲撃して逮捕される。
これを機に、大阪府警の刑事、福島(梅宮辰夫)や川端(地井武男)らは中島組壊滅へ一気に動き出す。佐倉に見捨てられた迫田が獄中で自殺を遂げたことから、ショックを受けた中島組幹部は次々と解散を宣言。佐倉が最も信頼する辰巳もまた、苦労を掛けてきた女房キヨ(市原悦子)のためにも解散しようとするのだが…。
f0367483_23033646.jpg
さながら日本版『ゴッドファーザー』である。当時は『仁義なき戦い』('73)を契機にブームとなった実録ヤクザ路線もネタが尽き始め、東映としては新たな方向性を模索していた時期。そこで辿り着いたのが、実録ヤクザ路線にオールスター・キャストを投入した、和製『ゴッドファーザー』風味の超大作映画だったというわけだ。主演は元祖・松竹三羽烏、ヤクザ映画とはおよそ縁のない日本映画界の重鎮・佐分利信。以下、メインキャストだけで20名近くの大物俳優が集められ、上映時間も2時間を超える堂々たる群像劇ドラマが完成した。
f0367483_23030308.jpg
原作は山口組の全国制覇にヒントを得た飯干晃一の同名小説。主人公の中島組三代目組長・佐倉(佐分利信)のモデルは、山口組三代目組長・田岡一雄である。ストーリーの主軸となるのは、佐倉率いる関西最大の暴力団組織・中島組が、大手企業の後ろ盾を得て全国制覇を目論むというもの。そこへ、旧財閥系の大企業と渡り合うためヤクザの力を利用しようとする新興企業グループ、勢力を拡大する中島組に対抗しようとする関東の暴力団組織、その抗争に便乗しようと暗躍する政治家や右翼活動家、この機を狙って暴力団壊滅を目指す警察組織と、それぞれの思惑が複雑に絡み合っていく。『仁義なき戦い』をはじめとする一連の実録ヤクザ映画が、熾烈な抗争劇の最前線に立つ若者たちの視点で描かれていたのに対し、本作ではトップクラスの権力者たちによる覇権争いに主眼が置かれている。
f0367483_23033003.jpg
また、『ゴッドファーザー』よろしくヤクザたちのファミリー・ドラマに焦点が当てられているのも大きな特徴だ。最大の柱となるのは組長・佐倉の家族。組織のボスとして冷静沈着に冷酷非情な決断を下していく佐倉だが、家庭では良妻賢母の妻・雪江(東恵美子)を大切にする良き夫であり、手塩にかけて育ててきた2人の養女を心から愛する良き父親でもある。長女の登志子(二宮さよ子)は奥ゆかしい聡明な女性に成長し、有能で誠実な青年医師・一宮(高橋悦史)と無事にゴールイン。だが、ヤクザの娘と結婚したせいで、一宮は病院で苦しい立場に追いやられてしまう。一方、次女の真樹子(折原真紀)は自由奔放で自立心の旺盛な現代っ子。どこへ行くにもボディガードが付いてくる生活に嫌気がさしている。しかも、遊びで肉体関係を結んだ組員・日暮(尾藤イサオ)が罰として殺されたことに強く反発し、薬物に手を出して逮捕されるなど次々とトラブルを起こす。そんな娘たちの行く末を案ずる佐倉の、平凡な父親としての姿が描かれる。
f0367483_23030681.jpg
それと並行する形で描かれるのが、佐倉が最も信頼を寄せる若衆頭・辰巳(鶴田浩二)とその嫁キヨ(市原悦子)のささやかな夫婦愛だ。心臓に持病を抱えた夫の健康を気遣い、家計が苦しくても文句ひとつ言わず明るく献身的に尽くすキヨ、そんな苦労をかけっぱなしの妻を不器用に愛する辰巳(といっても、ちゃっかり浮気はするんだけど)。2人の間に子供はいないが、しかし子分たちにとって辰巳は良き父親であり、キヨも逞しい肝っ玉母さんである。なんとも和気あいあいとした辰巳組の事務所。まあ、いざとなればみんなドスを抜いて血まみれの殺し合いをするんだけどねえ。
f0367483_23031071.jpg
さらに、トップの組長、中堅の若衆頭ときて、底辺のチンピラの家族模様も取り上げることで、ヤクザ社会全体のヒエラルキーを俯瞰・対比して見せる本作。それが、中島組系・迫田組の下っ端だったチンピラ竹田(火野正平)だ。小心者で気の弱い根無し草の若者。怖気づいて殺し合いから逃げ出した彼は、匿ってくれたギター弾きのフーテン娘かおり(絵夢)と所帯を持つも、博奕にハマって嫁の稼ぎを食いつぶすばかり。関東へ流れて根津組に拾われるも、自堕落なヒモ生活から抜けられず、やがて嫁にも愛想を尽かされてしまう。漂うのは社会の底辺でくすぶる若者の悲哀。こういう日陰の場所をすくい上げてみせるところは『ゴッドファーザー』との大きな違いだ。
f0367483_23032798.jpg
登場人物が多いうえに人間関係が複雑なため、一度見ただけでは全体像が把握しづらいのが難点ではあるものの、ヤクザ社会における組織の非情な論理や階級格差の対比に、一般社会のそれを投影しながら描いていく高田宏冶の脚本は良く出来ている。時として実験的で大胆な画面構図を駆使しつつ、スケールの大きなドラマを軽快なテンポでまとめ上げた中島貞夫の演出にも才気が溢れている。さすが、ATGでも仕事をした人だけのことはありますな。思わず、おおっ!と唸ってしまうようなカッコいいショットも多々あり。
f0367483_23031942.jpg
オールスターの役者陣では、やっぱり佐分利信の重厚過ぎる存在感が抜きんでて圧倒的。彼を前にすれば、さすがの鶴田浩二も松方弘樹も菅原文太も千葉真一もすっかり霞んでしまいます。まあ、千葉ちゃんの狂犬ぶりはなかなか凄みがあってニンマリさせられるけど。火野正平のやるせないダメ男っぷりもいいし、だんだんと佐倉に感化されていく娘婿のエリート医師を演じる高橋悦史も素敵だ。相変わらずネチネチとした成田三樹夫の小悪党ぶりも絶妙。いつ鶴田浩二や千葉ちゃんを裏切るのかとハラハラさせられるが、意外にも忠誠心の厚いイイヤツだった。女優陣では上品で毅然とした佐倉の妻・東恵美子と、下町のおっかさん的な人情味のある辰巳の嫁・市原悦子の2人が秀逸。中でもラスト、旦那の亡骸に語り掛ける市原悦子の芝居には胸を揺さぶられる。
f0367483_23031593.jpg
脇役で異彩を放つのは悪徳政治家役の金子信雄。もうね、スケベで強欲で意地汚いオッサンをノリノリで演じて最高に面白い。そんな金子をハメる美人局役として『恐竜・怪鳥の伝説』('77)の沢野火子が一瞬だけ登場。ノリノリと言えば、殺された愛人の生首を抱きかかえて発狂する小池朝雄の大絶叫も、やり過ぎ感満載で思わず笑ってしまう。また、火野正平の嫁さん役で登場する女性シンガー・ソングライター絵夢のやさぐれ感も印象的。その絵夢が酒場で産気づいてしまい、病院へ行くのにパトカーを貸してしまうお人好しな刑事として顔を出す田中邦衛も好演だ。一方、渡瀬恒彦がキャストクレジットの大きさに反して出番が少ないのは残念だった。
f0367483_23032346.jpg
なお、その他大勢のチョイ役として、千葉ちゃんの舎弟で頼れる右腕に小林稔侍、大阪府警の血気盛んな刑事に岩尾正隆、眼力の強い中島組幹部の一人に野口貴史、火野正平とつるむ根津組のチンピラに片桐竜次などなど、東映実録ヤクザ映画でお馴染みのバイプレイヤーたちがゾロゾロと登場。冒頭、阿部社長に美人局する美人ホステスとして、東映ヤクザ映画の水商売役女優と言えばこの人、橘真紀もチラリと顔を見せる。
f0367483_23033380.jpg
評価(5点満点):★★★★☆

参考DVD情報(日本盤)
カラー/ワイドスクリーン(2.35:1)/音声:2.0ch Dolby Digital Mono/言語:日本語/字幕:なし/地域コード:2/時間:132分/発売元:東映ビデオ
特典:フォトギャラリー/予告編(2種類)



by nakachan1045 | 2018-11-07 23:05 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター