人気ブログランキング |

なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「スウィッチブレイド・シスターズ」 Switchblade Sisters (1975)

f0367483_22382552.jpg
監督:ジャック・ヒル
製作:ジョン・プライザー
原案:ジャック・ヒル
   ジョン・プライザー
   F・X・メイナー
脚本:F・X・メイナー
撮影:スティーブン・M・カーツ
スタント監修:ボブ・マイナー
音楽:メデューサ
出演:ロビー・リー
   ジョアンヌ・ネイル
   モニカ・ゲイル
   マーリーン・クラーク
   アッシャー・ブラウナー
   チェイス・ニューハート
   ジャニス・カーマン
   キティ・ブルース
   マイケル・ミラー
   ケイト・マータフ
アメリカ映画/90分/カラー作品




f0367483_13484770.jpg
<あらすじ>
とある街の荒れたハイスクール。ここはドミニク(アッシャー・ブラウナー)をリーダーとするストリートギャング「シルバー・ダガーズ」が裏で牛耳っており、そのドミニクの恋人レイス(ロビー・リー)が女番長を務める不良少女グループ「ダガー・デブス」を率いていた。そこへある日、マギー(ジョアンヌ・ゲイル)という筋金入りのズベ公が転入してくる。ハンバーガー店でひと悶着を起こしたマギーと「ダガー・デブス」。そこへレイスたちにボコられた男の通報で警官隊が到着し、全員まとめて鑑別所送りとなってしまう。
鑑別所で不良少女たちを待ち受けていたのは、サディスティックなレズビアンの女看守ママ・スマックリー(ケイト・マータフ)。新入りのマギーはすぐに目を付けられ、激しく抵抗したせいで看守たちから寄ってたかってリンチを受ける。黙って見ていられなくなった「ダガー・デブス」は、マギーに加勢して看守たちをとっちめる。この一件でマギーとレイスは固い友情で結ばれ、一足先に鑑別所を出ることになったマギーにレイスはドミニクへのラブレターを預けるのだった。
「シルバー・ダガーズ」の溜まり場を訪れ、ドミニクにレイスからのラブレターを渡すマギー。しかし、かねてからマギーに目をつけていたドミニクは彼女をレイプする。しばらくしてレイスたちが鑑別所から出てきた。マギーとレイスの友情に嫉妬し、2番手の座を奪われるのではないかと危惧したパッチ(モニカ・ゲイル)は、マギーがドミニクを横取りしようとしているとレイスに嘘を吹き込む。しかし、レイスは頑なに信用しなかった。
その頃、隣町からクラブス(チェイス・ニューハート)率いる巨大ストリートギャング団が縄張りを広げてきた。パッチはマギーの「ダガー・デブス」入団儀式として、クラブスのペンダントを奪ってくることを提案する。敵の本拠地へ一人で乗り込んだマギーは、色仕掛けを使ってまんまをクラブスのペンダントを入手。晴れて「ダガー・デブス」のメンバーとなる。
これを機にストリートギャング同士の抗争が激化し、ドミニクの弟が銃撃されてしまう。一方、レイスは妊娠したことをドミニクに告げるが、冷たく突き放されてしまう。さらに、マギーの発案によってローラースケート場でクラブス一味の襲撃計画を立てたところ、思いがけず反撃されてドミニクが死亡。敵の暴行を受けたレイスは流産してしまう。パッチの入れ知恵もあって、レイスはドミニクの死も流産もマギーのせいだと考えるようになる。
そうとは知らないマギーは、ドミニク亡きあと頼りにならない男たちを追い出し、新たに女だけのストリートギャング「ジェゼベルズ」を結成する。旧知の友人マフス(マーリーン・クラーク)率いる黒人女ギャング団と同盟を組んだマギーは、宿敵クラブスたちを一網打尽にすることを計画。その一方で、彼女は仲間内に裏切り者がいると睨んでいた。なぜなら、ローラースケート場でクラブス一味に反撃されたのは、誰かが事前に裏で情報を流していたとしか考えられないからだ。
実は、その裏切り者は他でもないレイスだった。パッチと結託した彼女は、クラブス一味への報復攻撃のどさくさに紛れてマギーを抹殺しようと計画する…。
f0367483_13485004.jpg
'90年代にクエンティン・タランティーノ監督が、自身の会社ローリング・サンダーの配給でリバイバル公開して話題を呼んだ、'70年代アメリカのスケバン映画である。ノリ的には日本の『すべ公番長』シリーズや『女番長』シリーズ、『恐怖女子高校』シリーズなんかに近い。東映臭のプンプン漂うアメリカ映画ってのもオツなもの。まあ、装甲車や機関銃まで駆り出した本格的な市街戦にまで展開するのは、さすがC級トラッシュ映画とはいえアメリカですなあと感心するのだけれど。
f0367483_13492403.jpg
舞台は不良どもがわが物顔でのさばる都会の荒んだ高校(ロケ地はカリフォルニア州グレンデール)。ここは大人もおいそれと手を出せない「シルバー・ダガーズ」なるストリートギャングが裏を牛耳っているのだが、そのリーダーであるドミニクのスケ、レイスが女番長として君臨するのが「シルバー・ダガーズ」の女版「ダガー・デブス」だ。といっても、表向きは対等な関係のように見えて実際は金魚の糞みたいなもんで、男たちも内心では女どもを小バカにしているところがある。
f0367483_13491912.jpg
で、そんなところへマギーといういかにもツッパった美人転校生が登場。これがめっぽうケンカが強いうえに血気盛んで、一緒に鑑別所へぶち込まれたレイスと友情を育み、「ダガー・デブス」の新メンバーに加えられることとなる。ところが、レイスの彼氏ドミニクもマギーに目をつけていて、すかさす強引にレイプしてしまう。また、「ダガー・デブス」の2番手でレイスの腰巾着パッチ(アイパッチをつけているからパッチってわかりやすい)がマギーを目の敵にし、なにかにつけレイスとマギーの仲を邪魔しようとするわけだ。
f0367483_13492146.jpg
一方、隣町から「シルバー・ダガーズ」のライバルで2倍の勢力を誇るギャング団が縄張りを広げてくる。そこで、彼らと地元が一緒のマギーの提案で「シルバー・ダガーズ」と「ダガー・デブス」は襲撃計画を実行。一般人も集うローラースケート場で、クラブス率いるライバル一味を襲うわけだが、思いがけず反撃されて大規模な銃撃戦となり、あえなくドミニクが命を落としてしまう。妊娠していたレイスも怪我を負って流産してしまった。
f0367483_13493198.jpg
リーダー不在で弱腰になった男たちを追い出し、「ダガー・デブス」改め女ギャング団「ジェゼベルズ」を結成したマギーは、隣町で古い友人マフが率いる黒人女ギャング団と同盟を組んで、クラブス一味に対する報復作戦を計画。その一方で、身内に裏切り者がいるのではないかと疑う。ローラースケート場でクラブス一味に反撃されたのは、誰かがチクったからに違いないはずだからだ。
f0367483_13494051.jpg
実は、その裏切り者こそ親友レイスだった。腰巾着パッチからあることないことマギーの悪口を吹き込まれていたレイスは、襲撃計画の情報を教える代わりにマギーを殺害するよう敵のリーダー、クラブスと裏取引していたのだ。しかし、クラブスはまんまと彼女を騙してドミニクを殺害し、レイスもドミニクとの子供を流産する結果になってしまった。いまや「せんぶマギーが悪い!」と復讐の鬼になったレイスは、クラブスへの報復作戦に便乗して憎きマギーを自らの手で殺そうとするのだが…!?
f0367483_13493417.jpg
見どころはやはりレイスVSマギーの女対決であろう。なんだかんだスケバンと言っても結局は恋人ドミニクら男どもに頼り、女の欲望とエゴ丸出しで恋愛と権力に執着し、仲間内でも弱い奴は平気で虐めて楽しむ女王様気取りのレイス。一方のマギーは男好きでアル中の母親を反面教師にし、女を食い物にする役立たずな男どもは蹴散らせ!女が手を取りあって団結すれば怖いものなしよ!とばかりにズベ公たちを統率、なによりも仲間を大事にして仁義を通す女傑だ。そんなまるで正反対な2人が、女のプライドをかけて壮絶なバトルを繰り広げることとなるわけだ。
f0367483_13493735.jpg
監督はロジャー・コーマンの門下生で、『残酷女刑務所』('71)を筆頭とする女囚映画や『コフィー』('73)などのブラックシネマでお馴染み、タランティーノも敬愛するカルト映画監督ジャック・ヒル。超低予算&超短期間で撮ったことが一目で分かるようなクズ映画だが、ストリートギャング同士の縄張り争いから女同士のリーダー争いへとテンポよく展開していく流れが非常に面白く、最後まで全く飽きることなく楽しむことが出来る。ストリートギャング相手に女だらけのズベ公連合軍が全面戦争を仕掛け、装甲車に乗った女たちが機関銃を乱射して男どもを皆殺しにしていく大規模な市街戦も痛快だ。なお、第二班撮影監督として、後に『羊たちの沈黙』('91)や『フィラデルフィア』('93)、『シックス・センス』('99)などの撮影監督となる日系人カメラマン、タク・フジモトがクレジットされている。
f0367483_13494340.jpg
レイス役にはロジャー・コーマン製作『ビッグ・バッド・ママ』('74)でアンジー・ディッキンソンの娘役をやったロビー・リー、対するマギー役には当時新人のジョアンヌ・ネイル。ベビーフェイス&ベビーボイスのロリータ的な小悪魔ぶりを発揮するロビー、大人っぽい雰囲気のクールな美貌で女無頼漢マギーを颯爽と演じるジョアンヌ、どちらも文句なしのハマり役だ。まあ、ラストのナイフを片手に持った一騎打ちは、少々へっぴり腰で迫力に欠けることは否めないけれど。ちなみに、その後ロビーはベビーボイスを生かしてアニメ声優となり、ジョアンヌはイタリア産SFホラー『ザ・ビジター』('79)のヒロインに起用された。
f0367483_13491592.jpg
そのほか、高校生にしては老けすぎだろ!胸毛モジャモジャだし!みたいな男優女優が不良少年少女役として大挙出演。一方で、サディストのレズビアン女看守を演じる巨体のオバサン女優ケイト・マータフが強烈なインパクトを残す。この人、どっかで見たことあると思ったら、『さらば愛しき女よ』('75)で売春宿のマダムをやってた人なんですな。おっかない役がよく似合う。ちなみに、ロックバンド、スーパートランプのメガヒットアルバム「ブレックファスト・イン・アメリカ」('79)のジャケットで、自由の女神みたいなポーズでご機嫌に微笑んでいるウェイトレス姿のオバサンも彼女なのだそうだ。
f0367483_13492754.jpg
評価(5点満点):★★★☆☆
f0367483_12431826.jpg
参考DVD情報(アメリカ盤)※『北京原人の逆襲』『デトロイトポリス』との3本立て
カラー/ワイドスクリーン(1.85:1)/音声:2.0ch Dolby Digital Mono/言語:英語/字幕:なし/地域コード:1/時間:90分/発売元:Miramax
特典なし



by nakachan1045 | 2019-03-13 09:16 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

字が小さすぎて読めない
by ぷー at 16:21
「ディメンシャ13」は廉..
by cary1959 at 04:30
中沢様はベテランのブロッ..
by Y. Kubota at 03:05
すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター