人気ブログランキング |

なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

「殺戮伝説・少女蘇生」 Haunted (1977)

f0367483_12370176.jpg
監督:マイケル・A・デガエターノ
製作:マイケル・A・デガエターノ
   ニコラス・P・ニツィック
脚本:マイケル・A・デガエターノ
撮影:ウィリアム・E・ハインズ
美術:ロバート・ウィンゴ
音楽:ロー・クレイン
主題歌:ビリー・ヴェラ
出演:アルド・レイ
   ヴァージニア・メイヨ
   アン・ミシェル
   ジム・ネジェル
   ブラッド・リアドン
アメリカ映画/82分/カラー作品




f0367483_19181267.jpg
<あらすじ>
南北戦争時代、1865年のテキサス。小さな集落に住む先住民女性アバナキ(アン・ミシェル)が、魔女として処刑されることになった。実は、集落の建設者である宣教師が南軍兵士と組んで悪事を働いており、アバナキはそれを告発しようとしたがために、魔女の濡れ衣を着せられたのである。100年後に甦って住民の子孫に復讐を果たすと誓うアバナキ。それ以来、付近の砂漠には彼女の亡霊が彷徨い歩いていると噂されるようになった。
そして現代。集落の住民は一人また一人と怪死を遂げ、今では寂れた西部劇村を経営する粗暴な男アンドリュー(アルド・レイ)とその義理の姉ミシェル(ヴァージニア・メイヨ)、彼女の長男パトリック(ジム・ネジェル)と次男ラッセル(ブラッド・リアドン)の一家だけが住んでいる。辺鄙な田舎の暮らしに飽き飽きしたパトリックは、故郷を捨てて都会へ出ることを夢見ているが、弟ラッセルは伯父アンドリューの理不尽に憤慨しつつも、外の世界へ出ていく勇気がなかった。
ある日、車の故障で立ち往生したイギリス人女性ジェニファー(アン・ミシェル)が集落を通りがかる。パトリックは近隣の町から修理工を呼び、広い自宅に彼女を泊めることにした。世界を歩き回ってきたジェニファーに強く惹かれるパトリック。やがて2人は愛し合うようになる。
一方、アンドリューはジェニファーがアバナキの生まれ変わりではないかと疑い始める。呪術師の予言で疑いが確信へと変わった彼は、パトリックとラッセルの留守中にジェニファーを監禁し、彼女を殺してしまおうとするのだったが…。
f0367483_19180532.jpg
まあ、とんでもなく退屈なC級ホラー映画である。基本プロットは『血ぬられた墓標』('60)以来のホラー映画の定番である「魔女の復讐」。100年前に魔女の濡れ衣を着せられ処刑された先住民女性が、輪廻転生で現代に甦って自分を陥れた人間の子孫に復讐を遂げる。まあ、よくある話だ。別にそれ自体は一向に構わないのだけど、説明不足や矛盾の多い設定や盛り上がりに欠けるストーリー展開は如何ともし難く、なおかつ恐怖描写・残酷描写は一切なし、唯一の見せ場が火だるまスタントだけという、あまりにもスッカスカな内容に首を傾げざるを得ない。結局のところ、作り手はいったい何がやりたかったのだ?と。
f0367483_19182358.jpg
そんな本作最大の売りが、ハリウッド黄金期の映画スター、アルド・レイとヴァージニア・メイヨの出演である。とりあえず、当時すでに低予算映画の常連組だったアルド・レイの登場には何ら驚かない。人気の低迷と酒癖の悪さで身を持ち崩した彼は、離婚した3人の元妻への多額の慰謝料を稼ぐため、一時はハードコアポルノの仕事を引き受けるまでに落ちぶれた。晩年も癌の治療費で借金を抱え、C級映画からZ級映画まで手当たり次第に出ていたもんである。唯一の例外がマイケル・チミノ監督の大作『シシリアン』('87)だが、しかし5分程度の出番だけで呆気なく殺されるという端役だった。いやはや、落ちぶれたスターの運命は厳しい。
f0367483_19182718.jpg
一方、大物製作者サミュエル・ゴールドウィンの秘蔵っ子として華々しくデビューし、ボブ・ホープやダニー・ケイとのコンビで人気を博した、明るくセクシーな美人コメディエンヌのヴァージニア・メイヨ。巨匠ウィリアム・ワイラーの傑作『我等が最良の年』('46)ではシリアスな芝居でも高く評価され、ワーナーへ移籍後はジェームズ・キャグニーと共演したギャング映画の大傑作『白熱』('49)など、同社の看板女優として長きに渡って活躍した。しかし、スターの宿命として年齢を重ねるごとに人気も低迷し、'60年代の末には活躍の場をテレビやディナーショーへ移すことに。それでもなお生活が苦しかったのか、ちょうど本作の当時は立て続けにインディペンデントのC級映画へ顔を出していたのだ。
f0367483_19183492.jpg
で、これだけ脚本の出来が悪ければ仕方がないかとも思うのだが、とにかくアルド・レイとヴァージニア・メイヨの芝居がビックリするほど酷い。といっても、決して下手というわけではないのだよね。なんというか、心ここにあらずといった感じ。本来ならこんな映画に出るのは不本意なんだけど、お金のために仕方なくやってるんだよね、という本音がまざまざと伝わってくるような、要するにやる気のない芝居なわけですよ。しかも、パトリック役ジム・ネジェルによると、アルド・レイはリハーサルでも本番でも酒飲んで酔っ払っていた。そりゃあ、まともな演技ができるはずもなかろう。
f0367483_19183940.jpg
ただ、もともとの脚本は出来上がった映画よりも比較的まだマシだったらしい。というのも本作、アリゾナで撮影したフィルムをカリフォルニアの現像ラボへ運搬したわけだが、その過程で多くのフィルムが高温のために歪む・縮むなどのダメージを受けてしまった。しかし、撮り直しするための予算も時間もない。結局、ダメージを受けていないフィルムだけを使用して編集せざるを得ず、前後の脈絡もへったくれもない、説明不足が多すぎてイマイチ分かりづらい作品になってしまったというのだ。
f0367483_19180840.jpg
まあ、それにしても穴だらけの映画だとは思う。例えば冒頭、魔女の烙印を押された先住民女性アバナキが死刑を宣告されるわけだが、その処刑方法というのが「上半身だけ裸にして馬に乗せて砂漠のど真ん中へ置き去りにする」だけ。水も食料もない炎天下の砂漠で置き去りにされたら確実に死ぬだろう…ってことらしいのだが、いやいや、馬に乗ってれば普通にどこかの町へ逃げられるだろうに(笑)。上半身だけ裸ってのも意味が分からん。要するに「とりあえずサービスショットは必要」という作り手側の都合ですな。そのうえ、なぜかクィーンズイングリッシュを喋るアバナキ。演じている女優アン・ミシェルが英国人だから仕方ないとはいえ、あまりにもいい加減すぎやしませんかと言いたくなるところだ。
f0367483_19181986.jpg
もちろん、恐怖シーンや残酷シーンが皆無なのもホラー映画としては致命的。とりあえず、荒くれ中年男アンドリューと義理の姉ミシェルのよろめき不倫ドラマ&愛憎ドラマ、田舎暮らしに辟易して外の世界へ憧れる兄パトリックと故郷を捨てる勇気のない弟ラッセルの兄弟愛ドラマ、そして世界を股にかける女ジェニファーと孤独な田舎者パトリックの切ない恋愛ドラマと、なんだか「これ本当にホラー映画なの?」と首を傾げるような、ぶっちゃけどうでもいい話ばかりが延々と続くため、否応なしに退屈させられる。さすがに、エログロ要素の皆無なC級ホラー映画ほど見ていて辛いものはない。
f0367483_19181599.jpg
そんなわけで、コアなホラー映画ファンにすらおススメできない代物ではあるのだが、クラシック映画好きの一人として、往年のハリウッドスター女優ヴァージニア・メイヨの知られざる晩年を垣間見るという意味では興味深い作品。まあ、その後も引き続き小遣い稼ぎのためにC級映画とテレビドラマを行ったり来たりすることになるのだが…。
f0367483_19183162.jpg
評価(5点満点):★☆☆☆☆

参考DVD情報(アメリカ盤)
カラー/ワイドスクリーン(1.78:1)/音声:2.0ch Dolby Digital/言語:英語/字幕:なし/地域コード:ALL/時間:82分/発売元:Colde Red
特典:俳優ジム・ネジェルのインタビュー(約10分)/元プレイメイト、マリア・カネリスによるイントロダクション/マリア・カネリスの音楽ビデオ「Fantasy」



by nakachan1045 | 2019-03-23 19:21 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

「ディメンシャ13」は廉..
by cary1959 at 04:30
中沢様はベテランのブロッ..
by Y. Kubota at 03:05
すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「華麗なる賭け」 The T..
at 2019-04-15 02:50
「スパイ戦線」 Carve ..
at 2019-04-14 02:03
「Snow White(白雪..
at 2019-04-12 20:53
「ディメンシャ13」 Dem..
at 2019-04-09 14:21
「ストリッパー殺人事件」 S..
at 2019-04-08 01:44

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター