人気ブログランキング |

なかざわひでゆき の毎日が映画三昧


映画/海外ドラマライターの「なかざわひでゆき」による映画評論日記
by なかざわひでゆき
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「アイズ」 Eyes of Laura Mars (1978)

f0367483_21025140.jpg
監督:アーヴィン・カーシュナー
製作:ジョン・ピーターズ
製作総指揮:ジャック・H・ハリス
原案:ジョン・カーペンター
脚本:ジョン・カーペンター
   デヴィッド・ジーラグ・グッドマン
撮影:ヴィクター・J・ケンパー
写真:ヘルムート・ニュートン
音楽:アーティ・ケイン
主題歌:バーブラ・ストレイサンド
出演:フェイ・ダナウェイ
   トミー・リー・ジョーンズ
   ブラッド・ドゥーリフ
   ルネ・オーベルジュノワ
   R.J.(ラウル・ジュリア)
   フランク・アドニス
   リサ・テイラー
   ダーラン・フリューゲル
   ローズ・グレゴリオ
   マイケル・タッカー
アメリカ映画/103分/カラー作品




<あらすじ>
ニューヨーク在住の売れっ子ファッション写真家ローラ・マーズ(フェイ・ダナウェイ)は、ある晩、編集者ドリス・スペンサーが何者かによって殺される幻覚を見る。その翌日、ローラの新しい写真集の出版記念パーティがソーホーで華々しく行われた。セックスとバイオレンスをテーマにしたローラの刺激的な写真は、ファッション界の新たな最先端トレンドとして世間の注目を集める一方、その作風が不道徳かつ女性蔑視的だとして非難する声も強いため、パーティ会場には大勢のマスコミが押しかけていた。そこでローラは、警察からドリスが惨殺されたと聞いて大きなショックを受ける。彼女が見た幻覚は現実のものだったのだ。
さらに、続けてエージェントのエレイン(ローズ・グレゴリオ)も犠牲となり、ローラは再びその殺害現場を幻覚で透視してしまう。ニューヨーク市警のネヴィル警部(トミー・リー・ジョーンズ)に事情を訴えるローラだったが、もちろんにわかには信じてもらえない。ただ、ローラの撮った写真はいずれも、世間には公表されていない未解決殺人事件の現場写真と奇妙なくらい酷似していた。実は、ローラは2年ほど前から幻覚を見るようになり、そのイメージを自らの作品に投影していたのだ。
警察は同一犯による連続殺人事件と断定する。エレインのヒモだったローラの前夫マイケル(ラウル・ジュリア)が疑われるものの、確固たる証拠も動機も見当たらない。そうこうしている間に、ローラの周囲の関係者が次々と殺人鬼の手にかかり、彼女自身もまた命を狙われるようになる。そのたびに、殺害現場を透視して恐れおののくローラ。どうやら、犯人が殺人衝動に駆られるたび、彼女は否応なく幻覚に襲われるようだった。
ただ、殺人鬼の視点ですべてを目撃するため、ローラには犯人が誰なのか分からない。果たして、彼女に恨みを持つ者の仕業なのか、それとも彼女の作品に批判的な何者かが罰を与えようとしているのか。やがて、ローラの運転手トミー(ブラッド・ドゥーリフ)に前科があることが分かり、警察は彼を犯人としてマークする。しかし、ローラはなにか釈然としないものを感じていた…。

ホラー映画マニアの間では、アメリカ版ジャッロとして名高い猟奇サスペンス映画である。リッチで華やかなファッション業界を舞台に、謎の連続殺人鬼が次々と関係者を血祭りにあげていく。基本プロットはマリオ・バーヴァ監督の傑作ジャッロ『モデル連続殺人』('64)そのものだ。ヒロインが殺人現場を超能力で透視してしまうという設定も、ルチオ・フルチ監督の『ザ・サイキック』('77)と酷似している。ほかにも、スクリーンを賑わすゴージャスな美女たち、スタイリッシュでファッショナブルなカメラワーク、黒い手袋をはめた正体不明の殺人鬼、被害者の目をハサミやアイスピックで刺すという残忍な殺害方法、クライマックスに用意される驚きのどんでん返しなどなど、イタリアのジャッロ映画に欠かせない要素がまんべんなく揃う。とても偶然の一致だとは思えない。

主人公は大都会ニューヨークで活躍する売れっ子ファッション写真家のローラ・マーズ(フェイ・ダナウェイ)。セックスとバイオレンスをテーマにした彼女の過激な作品はセンセーションを巻き起こし、時代の新たな寵児として世間から持て囃される一方、その作風が不道徳かつ女性蔑視的だとして一部から激しい非難を浴びている。これは'70年代当時、挑発的な作風で賛否を呼んだファッション写真家ヘルムート・ニュートンやギイ・ブルダンをモデルにしており、実際に劇中のギャラリーで展示されているローラの写真はすべてニュートンの作品だ。で、ある時ローラは担当の出版編集者が何者かに殺される様子を幻覚で透視してしまい、それ以来、彼女の周辺で次々と血なまぐさい殺人事件が多発していく。

犯人が殺人衝動に駆られるたび否応なく幻覚に襲われ、殺人鬼の視点から親しい友人が殺される様子を目撃してしまうローラ。やがて犯人の最終的なターゲットが自分であることに気づくわけだが、しかし幻覚の中で彼女が見るビジョンは一貫して殺人鬼の主観映像であるため、犯人の正体が何者なのかは分からない。彼女の華々しい成功を妬む者、彼女の刺激的な作風を憎悪する者、気難しい彼女に個人的な恨みを抱く者など、犯人の可能性はいくらでもある。次々と浮かび上がる容疑者たち。いつしか事件を担当するネヴィル警部(トミー・リー・ジョーンズ)と惹かれあっていくローラだが、しかし殺人鬼の魔手は着実に彼女の身辺へと迫っていく…。

原案と脚本を手掛けたのは『ハロウィン』('78)のジョン・カーペンター監督。そもそもの発端は、カーペンターが処女作『ダーク・スター』('74)を撮った際、プロデューサーのジャック・H・ハリスに見せた8ページ程度のあらすじだった。当初はシンプルに『Eyes』と題されていたその作品を、ハリスはメジャー・スタジオ配給のインディペンデント映画として、自らのプロデュースで映画化するつもりだったという。そこで彼は出資者を募るべく、ハリウッドの業界人に企画書を見せて回ったのだが、その中の一人が後に『フラッシュダンス』('83)や『バットマン』('89)を大ヒットさせる悪名高き商売人ジョン・ピーターズだった。

ハリウッドセレブ御用達の人気美容師として幅広い人脈を築き、本人も毎日4~5人の女性とセックスしていたと豪語する希代のプレイボーイ(ゲイの多い美容業界で珍しいストレート男性だった)として映画『シャンプー』('75)のモデルとなり、エンタメ業界の女王バーブラ・ストライサンドのマネージャー兼愛人として芸能界での影響力を持つようになったピーターズ。幼少期からハリウッド業界での成功に憧れていた彼は、そのバーブラが自ら企画して主演を務めた映画『スター誕生』('76)の共同プロデューサーに起用され、待望の映画界入りを果たしたばかりだった。本作の企画書を読んだピーターズは、これがバーブラの次回主演作として向いていると考え、自らがプロデュースすることを条件に、懇意にしているコロムビア映画からの出資を取り付けたのだ。

当初はジョン・カーペンターに監督させるつもりだったというピーターズ。これにカーペンター自身も同意していたらしいが、しかしピーターズがバーブラの主演を前提にストーリーの改変を要求したことから雲行きが怪しくなる。もともとカーペンターの書いたオリジナル脚本では、ヒロインはごく普通の女性という設定だったという。どこにでもいる平均的な人間が、ある日突然、得体の知れないサイコパスのビジョンを共有してしまう。しかも、犯人は主人公と全く接点のない人物。その非合理かつ理不尽な状況に恐怖の根源を求めたカーペンターだったが、ピーターズは大女優バーブラ・ストライサンドの主演作として相応しいよう改変すべく、最終的に9名にものぼる脚本家たちに繰り返し脚本のリライトを指示した。その結果、内容が本来の趣旨とは大きくかけ離れてしまったため、カーペンターは脚本料だけを受け取って監督の座を辞退したのだそうだ。

ちなみに、ピーターズは本作のストーリーは私自身が考え付いたものだ、カーペンターと共同で脚本も書いているとの嘘八百を、当時の雑誌インタビューで誇らしげに語っている。さすがはビッグマウスな目立ちたがり屋の商売人。口八丁手八丁の処世術と無節操な下半身でハリウッドのトップへのぼり詰めた人物だけのことはある(笑)。しかも、L.A.中の有名な精神科医に本作を見せてお墨付きを頂いた、リアルな心理描写にみんなぶったまげていたよ!と大風呂敷を広げているんだから、もはや苦笑いするしかない。

そんなわけで、原作者ジョン・カーペンターの意図とはだいぶズレた脚本となった本作。実際、ラストで判明する真犯人を主人公ローラと関わりのある人物に変更したことで、謎解きの整合性に大きな無理が生じてしまったことは否めないだろう。殺人鬼の口から語られる犯行の動機も、後付けの陳腐な言い訳にしか聞こえない。ローラがなぜ幻覚を見るようになったのか、その原因や理由を一切説明することなく、謎のままで終わらせるのは賢明な判断だったと思うが、総じて脚本の出来はあまりよろしくない。ヒロインが殺人鬼のビジョンを共有するというギミック的な設定が全てで、あとはセックス&バイオレンスのセンセーショナリズムに頼ったB級サスペンスという印象。ただ、実はそれこそが本作の魅力であり醍醐味でもあると言えよう。だいたい、イタリアのジャッロ映画だって、たいてい脚本はご都合主義のオンパレード、基本的に赤裸々なセンセーショナリズムを売りにした作品が多かったしね。

そして、そのセンセーショナリズムゆえに、当初主演に予定されていた大御所バーブラ・ストライサンドが降板し、愛人ピーターズの顔を立てるため主題歌のみで参加することになってしまう。オファーした監督たちからも、「脚本が気に入らない」からと次々に断られた。その中には巨匠リンゼイ・アンダーソンや、最終的にメガホンを取ることになったアーヴィン・カーシュナーも含まれていたという。一度はオファーを蹴ったカーシュナーが結果として監督を引き受けたのは、当時『ネットワーク』('76)でオスカーに輝いたばかりの大女優フェイ・ダナウェイが主人公ローラ役に決まったからだったそうだ。

'50年代から活躍するB級映画監督であり、ジョージ・ルーカスの恩師(南カリフォルニア大学の講師だった)としても知られるカーシュナー。西部劇からコメディ、アクションにSFと、あらゆるジャンルの映画をそつなく仕上げる演出家だったが、その職人的な器用さが本作でも結果的に吉と出たように思う。脱ヒッピーを目指したハイクラスなファッションや煌びやかなディスコ音楽など'70年代後半の最先端トレンド、犯罪発生率が史上最悪を記録した当時のニューヨークの社会不安など、そこかしこに時代の世相を巧みに織り交ぜつつ、下世話なセックスとバイオレンスをお洒落にコーティングしたスタイリッシュな猟奇犯罪サスペンスへと仕上げている。当時は批評家からケチョンケチョンに酷評されたようだが、しかし大人向けのB級エンターテインメントとしては文句なしに面白い。今なおカルト映画として、根強い人気を誇っているのも納得だ。

さらに、本作はイタリア産ジャッロ映画とその発展形であるスラッシャー映画の中間に位置する作品としても興味深いものがある。先述したように、ジャッロ映画との共通点が極めて多く受けられる本作。『ハロウィン』でダリオ・アルジェントに影響されたことを公言しているカーペンターが、本作の原案や初稿を書く際に少なからずジャッロを意識したであろうことは想像に難くない(時期的に見て、『ザ・サイキック』との類似点は奇妙な偶然と考えるべきだろう)。そして、その『ハロウィン』が来るべきスラッシャー映画ブームの火付け役となったわけだ。また、『ハロウィン』に『姿なき脅迫』、そしてこの『アイズ』と、同じ年に発表されたカーペンター関連作のいずれもが、殺人鬼に付け狙われる女性を主人公にしている点も注目に値するだろう。

なお、フェイ・ダナウェイの相手役としてネヴィル警部役を演じるのは、これがメジャー映画で初の大役となった当時32歳のトミー・リー・ジョーンズ。さらに、運転手トミー役がブラッド・ドゥーリフ、作家崩れのヒモ男にラウル・ジュリア、女装趣味のマネージャーにルネ・オーベルジュノワと、クセモノ俳優ばかり揃った脇役のキャスティングが面白い。オーベルジュノワが披露するロイド・ブリッジスの顔真似には大爆笑。モデルのルルを演じてる美女ダーラン・フリューゲルは、実際に当時の有名なトップモデルで、本作をきっかけに女優へと転向して活躍したが、'90年代に若年性アルツハイマーのため引退を余儀なくされ、若くして亡くなってしまったのは残念だった。

'17年に3000枚限定プレスで発売された英国盤ブルーレイは、過去にDVD化された際に作られたHDマスターをそのまま使用。今年に入ってアメリカで特典なしの廉価版がリリースされ、さらにイギリスでも解説ブックレットを省いた通常盤が再発売されているが、いずれも本編映像は同じだ。筆者は最初に出た英国盤の限定版ブルーレイを所有。古いHDマスターとはいえ、さすがにブルーレイだけあって画質はかなり良好だ。リニアPCMの音声トラックもクリアで厚みがある。さらに、特典映像もたっぷりと収録されているし、なにより36ページに及ぶ封入ブックレットが、当時の貴重な雑誌記事や映画レビューを採録していて資料的価値が高い。リージョンフリーなので日本のプレイヤーでも視聴可能。価格は安いが特典ゼロのアメリカ盤より遥かにおススメだ。

評価(5点満点):★★★★☆

参考ブルーレイ情報(イギリス盤)※300枚限定プレス
カラー/ワイドスクリーン(1.85:1)/1080p/音声:1.0ch リニアPCM/言語:英語/字幕:英語/地域コード:ALL/時間:103分/発売元:Powerhouse Films
特典:アーヴィン・カーシュナー監督による音声解説/評論家キャット・エリンジャーによるビデオ解説('17年制作・約13分)/プロモーション用ドキュメンタリー「Visions」('78年制作・約7分)/脚本の各バージョン解析ビデオ「Eyes on Laura Mars」('99年制作・約8分)/オリジナル劇場予告編/映画監督デヴィッド・デコトーによる予告編解説('13年制作・約4分)/スチル・ギャラリー/封入ブックレット(36p)



by nakachan1045 | 2019-08-17 17:58 | 映画 | Comments(0)

カテゴリ

全体
映画
音楽
未分類

お気に入りブログ

なにさま映画評

最新のコメント

字が小さすぎて読めない
by ぷー at 16:21
「ディメンシャ13」は廉..
by cary1959 at 04:30
中沢様はベテランのブロッ..
by Y. Kubota at 03:05
すいません!その通りです..
by nakachan1045 at 13:12
直人の子分に曽根晴美とあ..
by Django at 02:25
いまみると、北斗の拳のバ..
by ドゴラ at 14:14
昔、NHKで見たので記憶..
by さすらい日乗 at 12:59
> さすらい日乗さん ..
by nakachan1045 at 10:21
これは、公開時に今はない..
by さすらい日乗 at 07:33

メモ帳

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの傑作で..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

「ムーンフリート」 Moon..
at 2019-09-15 01:28
「裏切りの街角」 Criss..
at 2019-09-14 18:20
「ザ・ドリーミング」 The..
at 2019-09-11 06:25
「地球は壊滅する」 Crac..
at 2019-09-02 00:08
「The Phantom o..
at 2019-08-22 00:10

外部リンク

ファン

ブログジャンル

映画
ライター